妊娠線の予防クリームはいつから?塗らないとダメ?

妊娠したのは嬉しいけれど、
体が変わっていくのが怖い・・・。

 

妊娠線って、どんな線?防止することはできる?

 

SPONSORED LINK

 

妊娠本などでよく目にする妊娠線っていったい何なのでしょう?

 

母になるには、絶対避けられないの?

お母さんになっても、ビキニ着て子供と海やプールで遊びたいのに。
今なら間に合う?

 

そんなお悩みを解決すべく!
妊娠線の予防について調べてみました!!
ぜひ参考にしてみて下さい♪

 

 

妊娠線って何?妊娠したらみんなできるものなの?

嬉しい妊娠の報告をしたとたん、周りのお母さんたちから、
いろいろな情報が入ってきますね。

 

日々、赤ちゃんの成長を感じながらも、あなたの
身体の変化に少し戸惑うこともあるかもしれません。

 

その一つに「妊娠線」というものがありますね。

 

出産を終えたママ友から聞いたこともあるかもしれません。

なかには、「気を付けた方がいいよ」なんて
アドバイスをもらっている人もいるのでは?

 

 

そもそも妊娠線とは、妊娠後、胎児の成長とともに
腹部が大きく膨らんでいく過程で、
皮膚に亀裂がはいってしまった状態を言います。

 

亀裂といっても、別に痛みがあるわけではないのでご安心を。
お腹の成長や皮膚の状態は、人それぞれ違いますので、
妊娠すると誰でもできる、というわけではありません。

 

ただし、妊娠線は一度できると、その後薄くなったりは
するものの、根本的には消えませんので注意が必要です。

 

image1[1]

Orignal update by : Sean McGrath

 

 

この妊娠線を予防するために、予防クリーム
売られていますね。

気になる方は予防クリームを塗って対策を
されているようです!

 

 

知人のママさんも2人目のときに予防クリームを
使ったそうですが、1人目に出来た妊娠線も
薄くなったとのことです!

やっぱり効果はあるようですね♪

 

では、その予防クリームですが、いつから塗りだすと
良いのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

妊娠線予防クリームはいつから塗るべき?

効果のほどは、人によって違いますが、
もし利用するならば、妊娠線ができやすくなる時期
よりも少し前に使い始めましょう。

 

妊娠線ができやすいのは腹部が大きくなる妊娠後期です。

 

 

なかには、9か月まではできなかったのに、
臨月に入ってできてしまった・・(´_`。)グスン
という声も聞きます。

なので、最後まで気を抜いてはいけません。

 

先ほども言いましたように、一度できてからでは遅いので、
お腹が目立ってきたらこまめにクリームを塗るようにしましょう。

 

 

ちなみに保湿クリームでもいいよね!?
ってママさんの声を聞きますが・・・

 

あなたは勘違いしていませんか!?

 

 

妊娠線予防クリームと市販の保湿クリームは効果が違う?

すでに妊娠する前から、
保湿クリームを使用している方もいるかと思います。

 

でも妊娠線を予防するには、妊娠線予防専用のクリーム
使用することが大切です。

 

妊娠線は表面的な問題ではなく、表皮の下の真皮に亀裂が
入って起こることから、真皮に浸透するようなクリームで
なければ意味がないからです。

 

〆(._.)メモメモ

 

また、パラベンやハイドロキノンなど、妊娠中は避けたい
成分もありますので、専用クリームでケアする方が安心です。

 

妊娠中はお肌の乾燥やかゆみを訴える妊婦さんもいます。
そういった意味でも、体に優しいものを使いましょう。

 

image2[1]

Orignal update by : swong95765

 

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は、女性なら気になる妊娠線についてまとめてみました。

 

妊娠線は個人差がありますので、ケアしなくてもできない人もいれば
しっかりしたケアが必要な人もいます。

 

妊娠線予防クリームを選ぶポイントは
保湿力と伸びの良さ!という2点です!

 

ぜひあなたにあった予防クリームを見つけて下さい♪


ただ、あまり神経質にならずにお腹の成長を見守りつつ、
ケアを楽しむのがいいかもしれませんね(><

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ