入園祝いのお返しはどうする?もらったお金は何に使う?

入園祝いを頂いた!
 
ありがたい♡
 
あれ?

 

お返しってどうするんだっけ?

 

SPONSORED LINK

 

親戚や友達から頂いた入園祝い
 
すごくありがたいけど、相手には何をお返ししたらいいか考えてしまいますよねー。
 

お返しのマナールールはあるのかしら?

 
また、こんなにもらっていいものなのか相場も気になりますよね…。
 
今回は、入園祝いについて、使い道もあわせてまとめましたので、参考にしてみてください。

 

 

身内からのお祝いのお返しはどうする?

a

Orijinal update by : ぱくたそ

 

身内から入園祝いとして頂いたお金。

きちんとお返しをしなくちゃ!と思いがちですが、原則としてお返しは必要ありません。

「えっっ!」っと思われましたか?子供への贈り物なので有り難く使わせて頂きましょう♪

 

ただし、頂いたお礼の言葉は伝えましょう。

子供から直接「ありがとう」と言えるとベストです。

まだ小さくて言えないお子さんは、お母さんが一緒にお礼を言いましょう。

距離が遠い方へは電話でも良いので、お礼は伝えておきましょう。

 
購入したものとお子さんを写真で撮って、報告を兼ねたお礼状を書くと、喜ばれます。

 
また、自分自身は入園祝いを贈っていない方から頂いた場合は、こちらは贈っていないのに頂いだことを謝ってから、お礼を言いましょう。

 
ただ、礼儀を重要視される相手や、付き合いの関係上、どうしてもお返しを贈っておきたい方もいるかと思います。

その時は、頂いてから1か月ぐらいを目安にお返しの品を送ります。

金額は、頂いた金額の半分か1/3程度の予算です。

水引きには赤白の蝶結びをし、上段には「内祝い」とし、下段には子供の名前でオッケーです!

基本のマナーとしては、お返しはいりませんが、親族間での場合は、それぞれのルールを両親などに確認してみましょう。

 

ちなみに、お返しはいただいてから1ヶ月以内に贈りましょう。

 

次は友人からのお返しについて考えてみしょう。

 

スポンサードリンク

 

 

友人からのお祝いのお返しはどうする?

 
親族からの入園祝いにお返しは必要ありませんでしたが、友人はどうでしょうか?
 

こちらもお返しは不要で大丈夫です。

お礼の言葉は伝えましょうね。^^

お返しをしておきたい場合、品物を贈りたい時は内祝いで送ります。

現金を頂いたのであれば、金額の半分か1/3程度の予算が相場です。

先方のお子さんがいらっしゃる場合は図書カードや商品券、お菓子などを贈っても喜ばれます。

お子さんがいらっしゃらない場合は、実用品を贈りましょう。

 

ただし、実際の声を見てみると…

  • お祝いは気持ちなのでお返しはいらないと伝えたので貰っていない
  • オシャレな内祝いをもらって嬉しかった
  • お返しがなかったが、普通はお返しはするものでは?

と様々な声がありました。

 

お友達と「お返しはいらないよ!」と話し合えているのであれば必要ありませんが、そうでない場合は内祝いとしてお返しをした方が無難ですね。(;^ω^)

 

では、次は入園祝いの相場について、紹介します。
 

 

入園祝いの相場はいくら?

 

b

Orijinal update by : ぱくたそ

 

入園祝いを渡す立場でも、もらう立場でも相場は気になりますよね?

 
「うちがもらった金額って、こんなもの?」

「そういえば周りにもうすぐ入園の子がいたなぁ。いくらにすればいいの?」
 

相場は5,000円~30,000円です。

 

かなり幅がありますが

親戚や兄弟だと10,000円~30,000円

友人、知人だと3,000円~5,000円というのが、理由です。

 
ちなみに、うちの息子はおばあちゃんから1万円の入園祝いを貰いました。

もちろん、おばあちゃんなので、お返しはなしでした。

 

ちなみに、渡すにはタイミングが重要です!

早すぎても、遅すぎてもダメ…。
 

正しいマナーは、入園の2~3週間前です。

3月中に渡すがベストですね。

 

さて、頂いた入園祝いは何に使うのでしょうか?

 

入園祝いは何に使う?

 
せっかく頂いたお祝い金ですので、入園に関係したものを購入して写真を贈ると相手も喜んでくれるでしょう。
 

  • お弁当グッズセット(フォーク、スプーン、はし)

お弁当グッズセットは、キャラクターのグッズが人気!

電子レンジや食洗器対応のものも多いのでお母さんは助かりますね。

 

  • 歯ブラシセット

幼稚園では歯磨きもします。

歯ブラシ、コップ、袋をセットでもっていくので、キャラクターをそろえてあげると喜ばれます♪

 

  • 雨具(傘・レインコート・長靴)

雨具って自分では1セットしか買わない方が多いです。

柄やキャラクターをそろえてあげると、雨の日でも子供はウキウキ♪

 

  • くつ

靴はドロ遊びは当たり前。

走り回る時期でもあるのでいくつあってもありがたいですよね。

事前にサイズを聞いて1つ大き目のものをプレゼントしましょう。

 

  • 靴下

うちの幼稚園は、靴下は黒を自分で用意するように決められています。

真っ黒の靴下なんて、今まで買ったことがありません!

雨で乾かなかったり、汚した時の替えにもっていったりと、5足は準備しておきたいですね。

 

  • 制服などの制定品

制定品をそろえるのって、けっこう金額がかさみます…

ですので、幼稚園で使うものに使うという名目で、制定品の金額にあてる方も少なくありません。

 

  • 習い事の準備に使う

幼稚園に入ると習い事を始める方も多いです。

幼稚園で放課後に習い事をしているところも多くありますね。

スイミングは水着など、英会話ではテキストや筆記用具…などなど。

それぞれ準備しなくてはならないものがありますよね。

それらの準備に使うというママもいます。

 

また実際に、お祝いした側の意見では、入園の際の準備に役立ててもらえると嬉しいという声がたくさんあります。

 
他には、一部は子供の好きなものを買ってあげるという声もありました。

 
また、我が家はお祝いは息子の口座に貯金しています♪

貯金も意外と多い使い道なんです♪

そして、そのお金の近い道は大きくなった時に子供自身に決めさせるということでした。

 

まとめ

 
入園祝いのお返しは、基本的には不要です。

意外でしたか?

入園祝いは基本的に身内でおこなうものだからです。

友人から頂いた場合は、何かしらの形でお返しをしておく方が無難です。

その友人との関係性も考えながら臨機応変に対応しましょう。

お祝いの金額は、友人の場合は3000円~5000円、親戚だと10000円~30000円が相場です。

幼稚園の準備に使ったり、将来のために貯金しておいたりと、使い道は様々です。

お祝いをあげた側としては、幼稚園に関連したものに使ってもらえると嬉しいとの声がたくさんあります。

購入したものと一緒に写真を撮って、お礼のお手紙と一緒に送ると喜んでもらえます♪

 

お子さんの制服姿が楽しみですね♪

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ