母子家庭の貯金の平均ってどれくらい?生活費内訳は?

「生活が厳しい…」

「貯金ができない!」

 

SPONSORED LINK

 

こんな悩みを抱えるシングルマザーは少なくないでしょう。

制度は整いつつあるけれども、実際のところ、
母子家庭の生活は豊かになったのかどうか…。

 

シングルマザーのみんなは、どのくらい貯金できているの?

母子家庭での生活費はどんな風に使われているの?

と気になりますよねー。

 

しかも、直接は聞けない!!!!

(¨ )(.. )(¨ )(.. )ウンウン!!

 

ということで、日本の母子家庭の現状を調べてみました。

 

母子世帯の平均年収はどれくらいなの?

平成23年度全国母子世帯調査の結果、母子世帯数は123,8万世帯。
世帯の平均年収は、291万円でした。

父子世帯の平均年収が455万円なので、かなり下回っていることがわかります。

 

内訳としては、母親が就労によって得る年収は181万円
(非正規社員が多いことが推測できます)

ん?291万円のうち就労で181万円ということは、残りは?
手当金、助成金です!

 

1.児童扶養手当(いわゆる、母子手当です)

児童1人月額 41,720円(全額支給)

児童2人    46,720円(5,000円加算)

児童3人    49,720円(3,000円加算)

児童4人目以降は、3,000円ずつ加算される。

 

2.児童手当(所得が限度内であれば、どの家庭にも支給)

3歳未満        月額一律 15,000円

3歳以上小学校修了まで 月額 10,000円(3人目からは15,000円)

中学生         月額一律 10,000円

 

3.ひとり親家庭の医療費助成制度

ひとり親家庭に対し、医療にかかる費用の一部を助成。
子どもが18歳になった最後の3月31日まで適応。
児童扶養手当と同様に所得制限があります。

 

4小児医療費助成制度(0歳~中学校卒業までの子ども)

小学校6年生修了までの入院及び通院、
中学生以上の入院に対する保険診療の自己負担分を助成。

健康保険に加入していない方、生活保護法による保護を受けている方、
児童福祉施設等に入所している方、重度障害者医療費助成事業
ひとり親家庭等医療費助成事業の対象者は小児医療費助成の対象にはなりません。

 

5住宅手当

20歳未満の児童を養育している母子家庭の世帯主で、
月額10,000円を超える家賃を払っている方対象(各自治体で条件があるので要確認)。

 

6就学支援制度(就学援助)

住まいの自治体によって違いはあるが、主に義務教育課程の小・中学生に対し、
学校給食費、学用品費、修学旅行費等の一部が助成される。

所得制限があるので、確認が必要です。

 

母子世帯の経済状況についての生活意識調査では、

  • 「大変苦しい」が59.8%
  • 「やや苦しい」が26.5%

であり、8割以上の母子世帯が苦しいと感じているのです。

全世帯では「苦しい」が5割なのです。

 

母子世帯の就労による収入が181万円。

もし、手当や助成がなければ、
181万円という収入で子どもを育てなければならないということですよね?

手当を含めても291万円。

 

やっぱり、母子家庭は大変です。

acworks
Orignal update by: acworks

 

年収の次に気になるのは…

生活費の内訳でしょうか?

 

母子家庭の生活費の内訳は?

 

スポンサードリンク

 

母子世帯の1か月の生活費やその内訳はどうなっているのか、更に調べてみました。

 

母子世帯平均就労年収が181万円。
つまり、1か月の給料は約10万円ほどです。

 

それに、手当が児童扶養手当児童手当を併せるとおよそ5~7万円位とすると…
母子世帯の1か月の収入は15~17万円位でしょうか。

15万円とした生活費の内訳(およそのイメージです)

家賃 20,000~50,000円
電気・ガス・水道代 10,000~15,000円
食費・生活費(消耗品・学費・衣服費) 30,000~60,000円
通信費(携帯・固定電話・インターネット) 8,000円
医療費 2,000円
保険代(共済・車両) 10,000円
ガソリン代 5,000円
合計 85,000~150,000円

 

習いものや塾代、旅行費などで悩むママさんも多いです。
贅沢は決してできない現状が伝わってきます。

車の維持費がもったいないからと、自転車を活用する人が多いという現状もあります。

 

母子世帯の平均貯蓄額は?

一生懸命、節約して我慢を重ねての母子家庭の平均貯蓄額は・・・

50万円未満が47.7%です。

 

多いと思いましたか?
それとも少ないと思いましたか?

いずれにせよ、節約も頑張らないといけないですね。

 

では、忙しいシングルマザーが、節約をするのはどうしたら良いのでしょうか?

次はその点を見て行きましょう。

 

母子家庭でどう節約する?

中々難しい節約ですが、アドバイザーの私が紹介します♪

 

ポイントは、“支出するお金以外に残るお金をどう使うか?”です。

ご家庭にもよりますが、一番節約できるのは、食費被服費だと思います。
特に、被服費については、知り合いに声をかけ、おさがりを貰う事も大切です。

知り合いの方であればお下がりに抵抗がないというママさんは多いですよ♪
頼るところは頼るのも大事な節約ポイントです。

 

食費については、子どものご飯の量は減らしたくないというのがママの心情だと思います。

 

そこでおすすめなのが

  • セールを利用してお買い得な商品を冷凍保存しておく
    ・ベランダで野菜を栽培する。
    ・お買物は業務用スーパーでまとめ買いをする。
  • 美味しい節約レシピを積極的に活用する
    ・外食を減らす。カレーやハンバーグなどは多めに作り、冷凍しストックしておくと便利です。

 

また、お子さんとのお出かけには “市の広報誌・タウン雑誌”を活用してみて下さい!!

市町村区役所、保健福祉センター、公民館などの窓口や
ご自由にお取りくださいと書いてある冊子置き場には多くの情報紙が置かれています。

 

または、市町村のホームページを覗くこともおススメです。

無料で楽しめるイベント情報や、パソコン教室、
体験型イベントなど、知る人ぞ知る貴重な情報源なのです。

お金を使わずとも、楽しい思い出は作れます♪

 

 まとめ

私の大切な友達には、離婚して一人で働いて子どもを育てている人が少なくはありません。

大変なのに、愚痴も言わずに頑張っているのは、
自分にプライドがあるからだそうで、尊敬せずにはいられません。

 

そして、一人でお父さん役とお母さん役の二つの役をこなす
彼女たちは、本当にたくましいです。

私に出来ることは、彼女たちの応援団長として、積極的にエールを送るだけかもしれません。
そんな気持ちも込めて、この記事を書きました。

 

幸せの形なんて、人それぞれ。比べるものではないということ。
比べてしまった時は、また前を向いて笑顔で明日を迎えられればいいのです!

 

もし、母子家庭である自分を悔やみ、後ろ向きになっている方がいれば、
今からでも、上を向いて、堂々と自分の人生を歩いてください。

前を向き、子どもと一緒に生きる貴方に勝る輝きはありません!!

同じ女性である貴方に心からエールを送ります!!

大丈夫!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ