完全母乳育児のメリットとデメリットは?いつまでするの?

完全母乳ってなんとなくいいような
気はするけど、実際どうなのかな…??

(。´・ω・)??

 

SPONSORED LINK

 

完全母乳育児って、どんなイメージですか?

 

赤ちゃんに良さそう、大変そう、
ずっと付きっきり?栄養はちゃんととれる?

 

…などなど、たくさん疑問があると思います。

 

私は完全母乳で娘を育ててきましたが、
コストはゼロで嬉しい反面、
大変なことも多々ありました…(;´Д`)

 

そこで今回は、そんな完全母乳育児の
メリットやデメリット
さらにいつからいつまで続くことなのか…
など、これから子育てに奮闘するママが
欲しい情報をまとめてみました!

 

これからの完全母乳に悩んでいるママたち、
ぜひ参考にしてみてください(/・ω・)/

 

完全母乳育児の方法は?

まずは簡単に、母乳育児について
説明します((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ

 

授乳の目安は2~3時間おきですが、
赤ちゃんが飲む量にも個人差があるので、
あまり時間を気にせず欲しがったら
授乳しましょう( ^ω^ )

 

生後1ヶ月ごろまでは
授乳時間が安定しないので、
ママも赤ちゃんと一緒に寝て起きるという
同じリズムの生活をオススメします☆

 

夜間は添い乳で寝ころびながら
授乳すると楽です(^∀^)
赤ちゃんもおっぱいをくわえたまま
寝てしまいます…(-ω-)/

 

母乳育児は赤ちゃんが欲しがれば
いつでもおっぱいを出して
授乳しなければいけないので
最初は大変だと思うかもしれませんが、
慣れてくると
「おっぱいさえあれば無敵!」
の状態になります(´ω`)

 

母乳は食事の代わりには違いないのですが、
赤ちゃんはママのおっぱい大好きなので、
多少ぐずって機嫌が悪くても
おっぱいさえあげれば
とりあえず泣き止みます(^_^)v笑

 

母乳は赤ちゃんの精神安定剤です!

 

これは母乳っ子ならではの使い方ですよね♪
利用しちゃいましょうヽ(´∀`)ノ

 

…でも、こんな母乳育児にも
もちろんデメリットはあります…(+o+)

 

次の項では、メリットとデメリットを
順番に挙げてみます~(*゚―゚)

 

スポンサードリンク

 

完全母乳育児のメリットとデメリットは?

image1[1]

Orignal update by : peasap

 

ではまず先ほども少し触れちゃいましたが、
母乳育児のメリットを挙げていきます!

・病気にかかりにくくなる
・アレルギーがおこりにくい
・良質の栄養分が含まれ消化しやすい
・新鮮で衛生的
・ちょうどいい温度、濃さ
・スキンシップにより愛情が深まる
・ママの産後の回復が早い
・下あごの発達を良くして歯並びも良くなる
・コストがかからない
・添い乳なら夜中の授乳も楽にできる

本当に良いことがたくさんありますね(*’ω’*)

 

個人的にはコスト面がいちばん助かりました!笑

 

粉ミルクを買ったことがなかったので、
売っている値段を見てビックリしたことも
ありました…!!( ゚艸゚;)

 

次に気になるデメリットを挙げていきます!
プラスして解決策や詳しい説明もしていきます♪

 

・授乳間隔が短い
・飲んだ量がわからない

 

このあたりは慣れればそんなに
支障はないかと思われます!

 

・赤ちゃんを人に預けにくい

 

私がいちばん感じたのは、
この人に預けることができない辛さです。

 

専業主婦なのでほとんど預ける機会はなかったのですが、
たまに一人で出かけたいときも、
主人に子どもを預けるのは3時間が限度でした。

 

人に預ける場合、搾乳しておく
という方法もあるので、
母乳育児をあきらめないといけない
ということではないですよ!(^^)!

 

・公共の場で授乳しにくい

 

これには授乳ケープがあると便利です!

 

最近はショッピングモールなどでも
授乳室があるところが多いですが、
もし授乳室が見つからなくても
授乳ケープを持っていれば
人目を気にしないで授乳できますd(>_・ )グッ!

 

・卒乳が難しい

 

ミルクの子よりも大変なことが多いです!
卒乳については次の項で触れています。

 

・ママの食事に気をつかう

 

基本的に和食で、脂の多いものや甘いものは控えめに…
飲み物もお酒は飲みすぎNGなので、
けっこう気をつかわないとダメですね(´゚ェ゚)チーン

 

・乳腺炎などのトラブルがつきもの

 

本当によくあることなので、
いざというときのために前もって
かかりつけの病院は調べておいてくださいね!

 

痛い、しこりがある、皮膚が赤い、発熱がある、
赤ちゃんが飲むのを嫌がるときなどは
受診しましょう(´・ω・`)

 

・ビタミンなどが赤ちゃんに足りないことがある

 

特にビタミンDの不足
問題視されているようです。
ママの食生活でのカバーが必要ですね…!

 

栄養面で心配なことについて
あとで詳しく説明します!(>_<)

 

・黄疸が長引くことがある

 

重症の場合は治療をしたり、 いったん母乳を
やめなければいけないという場合もあるようです。

 

出産した病院でも検査があると思いますが、
気になったら相談するといいかと思います!

 

以上ですが…
意外とたくさんありますよね~(´・ω・`;)

 

メリットが多いぶん、 ママにはおっぱいのケアや
きちんとした食生活が 不可欠になるんですね…!!(-“-)

 

続いては、母乳育児がいつからいつまで続くのか
について考えてみましょう!( `д´)b オッケー!

 

完全母乳育児はいつからいつまで?

母乳は赤ちゃんが生まれて3日目頃から
分泌されますが、 生まれた直後から赤ちゃんに
吸ってもらうことで ママからホルモンが出て
分泌
されるので、 生まれたときからママと
赤ちゃんの 母乳生活はスタートしている
ということになります!(□。□-) フムフム

 

生後6ヶ月頃になると、離乳食が始まりますね。

 

これはその頃になると母乳だけでは
赤ちゃんに栄養が足りなくなるからです(;´゚д゚`)エエー

 

離乳食が進んでも 授乳回数が減らないこともあります。
逆に母乳ばかり飲んで 離乳食が進まないこともあります。

 

でもだからと言って母乳をやめたりする
必要はないそうですよ(・ω・)ノ

 

それはその赤ちゃんが自分の好きなように
食べているというだけなので、 母乳のせいには
しないでください(`・ω・´)

 

そして1歳ごろになると、 離乳食も進んで赤ちゃんは
自分で栄養をとることができるようになります♪

 

なので一般的に離乳の時期は1歳ごろ
言われているんですね!

 

そして…いよいよ周りから 「いつ母乳やめるの?」 と
言われる日々が始まります(笑)

 

最近は「卒乳」の考えが主流になっていて、
これは赤ちゃんが自分で「もういらない」
言うまであげる、ということです。

 

無理な断乳は赤ちゃんに心理的な影響
与えかねないので、 できることなら卒乳という
形にしたいですよね!

 

離乳の時期はママのお仕事の状況や
2人目の子どもの計画などにも
関係してくると思いますが、 そういった
やめなければいけない理由がなければ、
やはり卒乳がいちばん良いでしょうね(^^)/

 

うちの娘も2歳まで1日中 母乳を飲んでいたので
周りから「まだ飲んでる!」と めちゃくちゃ言われました(笑)

 

今は2歳2ヶ月ですが 他のものに目がいくようになり
だんだん授乳回数も減って、 やっと夜中だけになっています。
(それでも飲んでる(;’∀’))

 

でも、夜中起きてしまったときの子どもって
超絶フキゲンですよね(;´∀`)

 

それをまた寝かせるのに 添い乳だけですぐに寝てくれるので、
本当に助けられています!!

 

おっぱい大好きな赤ちゃんの卒乳は 本当に
難しいと思いますが、 ママと赤ちゃんをつなぐ
大切なものなので、 気長に考えたほうがいいと思います(;^ω^)

 

周りに何か言われたら 「断乳はしたくないの~」と
母乳の良さを伝えるのもいいかもしれません☆

 

次はデメリットのところで触れた
母乳の栄養面についてのお話です( ゚Д゚)

 

母乳は栄養面で心配?

 

image2[2]

Orignal update by : tiarescott

 

先ほど私は完全母乳で娘を育てたと書きましたが、
完全母乳とは言っても、 娘が生まれてから
離乳食開始まで母乳しか与えていないと
いうことではありません。 ( ;∀;)スミマセン…

 

母乳育児は推奨されているのですが、
その栄養面では反対の意見もあります。

 

ひとつは、赤ちゃんは生まれてくるとき
3日分くらいの栄養を持っているのですが、
ママの母乳は生まれてすぐから出るわけではないので、
それが赤ちゃんに与えるのに間に合わない
ということがあるんです。

 

私も母乳がすぐには分泌されず、 まだ産後2日目だったのですが
赤ちゃんがめちゃくちゃに泣いていたため(笑)
病院から「ブドウ糖をあげましょう」と言われ、
何度かあげました。

 

そのときは(´;д;`)ゴメンネ… と思って、
産後ブルーもあり入院中に病室で 涙しました。笑

 

でもその後3日目には母乳が あふれるように
出てきましたよ(*n’∀’)n バンザーイ …

 

とこんなふうに完全に母乳だけでは
最初は無理っていう場合もあるのです。

 

赤ちゃんに栄養が足りないと 低血糖症などの
心配もあるので、 母乳育児を推奨していても
「まだ母乳が出ない間はブドウ糖や人工乳を与えましょう」
としている病院もあるということです。

 

もうひとつは、デメリットでも少し触れましたが
母乳の中にはビタミンKが少ないため、
完全に母乳しか飲まない赤ちゃんの場合
頭蓋内出血が心配されます…。

 

私が出産した病院では、この予防のため
生まれた赤ちゃん全員にビタミンK2シロップ
というものを飲ませてあげていました。

 

完全母乳には栄養面で心配はありますが、
病院ではそれを踏まえたうえでしっかりと
それぞれの赤ちゃんをみて下さるので、
私は退院後から安心して 完全母乳育児を
始めることができました☆

 

母乳育児は良いのですが、 「完全」となると
ちょっと違ってきます。

 

本当に「完全」にしてしまうと いろいろ
問題も出てくるので、 赤ちゃんに必要な栄養は
母乳以外でとらなければいけないこともある!
というのは理解しておいてくださいね(‘◇’)ゞ

 

これから出産のママも、 いろいろな知識を得て
少しでも不安に思った場合は 出産する病院で
相談してみると いいかと思いますd(>_・ )グッ!

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は完全母乳育児のメリットとデメリット
について調べてみました(。-`ω-)

 

母乳の良さはなんと言っても
親子のスキンシップになる!ということ
だと思います(・∀・)イイネ!!

 

赤ちゃんを母乳で育てることは
とても自然なことですし、
スキンシップによって
赤ちゃんの情緒的発育も良くします!

 

母乳育児にはデメリットもありますが、
そのデメリットも踏まえて
母乳だけで赤ちゃんを育てよう!という
プラスの気持ちをちゃんと持って
完全母乳育児に励んでくださいね(´ω`*)

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ