妊娠検査薬が陰性で生理が来ない!高温期が続く理由は?

妊娠検査薬が陰性だったのに、、生理が来ない( ゚Д゚)!!

どうして??

あなたにそんな経験はありませんか?

 

SPONSORED LINK

 

検査薬の指示通りに使って陰性だった場合
妊娠していない可能性は高いです・・

 

じゃあなぜ生理が来ないの?
産婦人科へ行った方がいいの?

 

この疑問について調べてみました(^.^)

それでは、、早速見ていきましょう♪

 

妊娠検査薬が陰性になる理由は?

image1[2]

Orignal update by: EK13 Photography

 

 

検査薬が陰性になる理由って何でしょうか?

 

妊娠するとhCGというホルモンが生成されます。

 

そして妊娠検査薬は尿中のそのhCGというホルモンが
一定以上の濃度が出たときに反応します。

 

フライング検査だったり生理予定日が正しくない日に検査をすると
検査薬が反応できるだけのhCGが分泌されておらず、
陰性になることがあります。

 

予定日から一週間後に再度検査してみると陽性だった!
ということもあります。

 

また、排卵が遅れているだけで実は妊娠していた♪
なんてこともあるみたいです。

 

スポンサードリンク

 

生理不順、いつ妊娠検査薬を試せばいいの?

image2[1]

Orignal update by:studio curve

 

 

検査薬は大体一週間後に検査可能とあるものが多いですが、
生理不順の方はそもそもの生理予定日がいつなのか、
わかりませんよね。。(;´・ω・)

 

そんな方は生理予定日ではなく仲良しの日を目安
検査薬を試してみたら良いですよ♪

 

 

最後の仲良しから三週間後に検査すると
確実な結果が得られます!(^^)!

 

もし妊娠していたら二週間後には陽性になることが多く、
三週間後に陰性なら妊娠していないという判断ができます。

 

 

生理が来ない!高温期が続く理由は?

image3[1]

Orignal update by:Cristina L. F.

 

 

高温期が続いているのに検査薬では陰性で、
それなのに生理が来ないとなると、不安ですよね。

 

来るなら早く来て!
私の体はどうしちゃったの??(;O;)

 

なんて、心配になっちゃいますよね((+_+))

 

 

 

妊娠していないのに高温期が続く理由って何なんでしょう?

 

高温期というのは排卵後の黄体ホルモンの時期のことで
この黄体ホルモンの寿命が長ければ、高温期が続きます。

 

一般的に高温期が21日続いたら妊娠の可能性があるといわれています。

 

高温期が長く続いているのに陰性の場合、
黄体ホルモンの過剰分泌によって高温期が長くなる
黄体存続症(ハルバン症候群)というものが疑われます。

 

 

黄体の寿命が通常よりも長いという症状で
生理前の症状が長く続きます(._.)
また、これは仲良しをしていなくても生じる症状です。

 

この黄体存続症は、ホルモンバランスが乱れて
しまっていることが原因と考えられているようです。
ホルモンバランスの乱れを正すことが大切ですね(._.)

 

 

まとめ

今回は陰性なのに生理が来ない!ことについてまとめてみました。
いかがでしたでしょうか?
女性の体は繊細ですね。

 

生理は環境の変化だったり、ストレスだったりで
早まったり遅れたりすることがありますよね(;・∀・)

 

それもホルモンバランスが大きく関係していたんですね!
リラックスして日々を過ごすことが大事ですね♪

 

バランスの良い食生活と適度にストレス発散!して
リラックスして日々を過ごしましょうね( ^^) _U~~

 



誘導1

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ