食費を節約する時に大切なポイントとは?実際のテクもご紹介!

毎月、家計がギリギリ。

なかなか贅沢や貯金ができない(( ;∀;))

食費を節約したいけど、なかなか…。

 

SPONSORED LINK

 

そもそも、世間の食費ってどのくらいなのでしょうか?

食費の節約で大切なポイントと、実際にできるテクニックをご紹介いたします。

 

食費ってどれくらいかかるものなの?

setuyaku_00

Original update by:写真AC

 

一人暮らしの場合、食費ってどのくらいかかるものなのでしょう?

一般的に、一ヶ月の平均は約30,000円前後とでています。

多い人は40,000円以上、外食や付き合いが多い人は5〜60,000円と、
かなり高くなってしまいます。

平均の30,000円前後は、パッと聞くと、
そんなに高くもないかな?と思いがちですが、
これに家賃や水道光熱費もあると思うと、やっぱり大きな出費となります。

 

ちなみに実家暮らしの場合は、一ヶ月に、
平均30,000円を家計に入れているという意見が最も多くみられます。

ただし、これには水道光熱費が入っており、家賃がありません。

 

実家にいるほうが圧倒的に有利ですね(^^;;

しかし、職場との距離や、将来のことを考えると、
いつまでも実家暮らしというわけにはいきません。

 

そして、水道光熱費の節約となると、
ある程度生活のパターンが決まっている事から、
なかなか節約することが難しいのも事実です。

近年のような猛暑ですと、エアコンなしというわけにはいきません。

 

そこで、できる限り「食費を節約できる方法」を考えてみましょう!

 

スポンサードリンク

 

食費を節約する時に大切なポイントとは?

食費を節約する場合、何か気をつけたほうがいいポイントはあるのでしょうか?

 

1.何に使っているのか把握する

今、財布に入っているレシートでいいので、ちょっと見てみましょう。

本当は必要なかったもの、買っていませんか?

  • ちょっと行ったコンビニでついでに買ったガム…
  • 新製品のお菓子を見ると買いたくなる…
  • 新発売のジュースを飲んでみたい…

そんな事ありませんか?これは実は、全部無駄!

特にペットボトル飲料は安いようで、
1日1本でも買うと、一ヶ月で5,000円近くにもなります。

まずはペットボトルからやめてみましょう。

 

2.外食はできる限り避ける

外食のレシートがたくさん出てきた… そんな人いませんか?

確かに、働いた後に食事を作るのはおっくうです。

しかし、外食となると、特別安い飲食店に行かない限り、
ほとんどの飲食店では1,000円近く支払う事になります。

こちらも毎晩外食をしていると、あっという間に一ヶ月30,000円に!

「今日はどうしても疲れてしまった。」

そんな場合は仕方ないですが、付き合いで行く場合は、
そのお付き合いの外食が本当に自分にとって有益なのかどうか、
よく考える必要があります。

 

3.自炊のススメ

外食を避けるとなると、当然自炊になります。

自炊は、最初は慣れないと失敗をしたり、
余計に食材を無駄にしてしまったり、ちょっと大変に感じます。

しかし、軌道に乗り始めると、一番節約できて楽チンなのが自炊です!

慣れてきたら、ランチも自分でお弁当を作れるようになります(^^)

でも、「家で食べればいいんでしょ」と行って、惣菜ばかり買ってきてはダメですよ!

惣菜は主婦には強い味方ですが、やっぱりかなり割高になっています。

 

では実際、買い物をするときに何に気をつけたらいいでしょうか?

次は「節約できるテクニック」をご紹介いたします。

 

食費を節約するためのテクとは?【買い物編】

setuyaku_01

Original update by:写真AC

 

1.お菓子やジュースの嗜好品は買わない!

上でも出てきましたが、嗜好品には意外とお金がかかります(^^;;

お菓子は美容と健康のためにも我慢!

週1や、月1など頑張ったご褒美にしましょう。

また、ペットボトル飲料はやめて、水筒を持ち歩く事にしましょう。

ペットボトルのゴミも減り、お財布にも環境にも優しいですね。

 

2.買い物の回数を減らす!

買い物って、行くとついつい余計なものを買ってしまいますよねえ(^^;;

使うかもと思って買って、結局使わず腐らせてしまったり…

その機会をできるだけ減らすために、
買い物の回数を減らすことをお勧めします!!

また、まとめ買いをするとお得な金額になる場合もあります。

是非チェックしてみてください!

 

3.食費用のお財布を作る!

お財布にお金がいっぱい入っていると、ついつい使ってしまいます(^^;;

ですから、食費用のお財布を一つ作りましょう。

ここに一回分の予算だけを入れておきます。

一回の買い物で、その範囲で買い物できるようにトライしてみましょう。

使える金額以外のお金は入れてはいけません。

 

4.冷蔵庫にある物のメモを書く!

トマトを買ってきたら、冷蔵庫にあった!∑(゚Д゚)

そんな経験した事ありませんか?

これでは食べきれずに食材の無駄になりますね。

買う予定の物を忘れずにメモを取る事も重要なのですが、
家にある物を買いておくのも節約の重要なポイントとなります。

無駄買いを防げますね!

 

5.安い食材を知る!

基本的に、牛肉は高いです。鶏肉は安いです。

わかっている事かもしれませんが、
自炊をした事がないと、こういう事もよくわからない場合があります。

野菜も、季節によっては高くなる事もあります。

一般的に安く買える食材は

  • もやし
  • 玉ねぎ
  • にんじん
  • じゃがいも
  • 納豆
  • 豆腐
  • 鶏胸肉

などなど、書き出すときりがありません。

 

これらの食材の「上手な使い方」は、次でご紹介いたします!

 

食費を節約するためのテクとは?【調理編】

setuyaku_02

Original update by:写真AC

 

安い食材、どうやって使って調理していったらいいかな!?

 

にんじん・玉ねぎ・じゃがいもの活用

にんじん・玉ねぎ・じゃがいも…

こちらを聞いて何を思い浮かべますか?

そう、カレーですよね!

こちらの食材、カレーだけではなく、

  • シチュー
  • ポトフ
  • 肉じゃが
  • その他煮込み

と、数々のものに変身してくれる万能な材料なんです!

そして、決して高い食材ではありません。

この3点セットをいつも用意しておくと、
何かしら料理をすることができますから外食が減らせます。

 

もやしの活用

実はこのもやしは、大変栄養価が高く、安いことで有名です!

もやしは、工場で栽培されるため、天候や災害の被害がすくなく、
年間通して値段が安定しているのです(^^)

もやしは、

  • 炒め物
  • お味噌汁
  • 和え物

などなど、こちらも変身する食材です。

炒め物の増量にも最適ですし、
実は冷凍保存できる食材でもあるんです!

冷凍をするとシャキシャキ感が薄れてしまいますが、
痛みが早い食材ですので、冷凍保存をお勧めします。

袋ごと冷凍庫へ、調理前にさっとざるであらい、
そのままフライパンやお鍋に入れることができます(^^)

 

豆腐や納豆の活用

豆腐1丁は大体50円ほど、
納豆は3個セットで100円以下で購入できます!

二つとも、植物性のタンパク質で、低カロリー。

それなのに、肉や魚にも負けない高い栄養素を持っている上に安い!

節約には大助かりです。

納豆なら、朝ごはんにも食べやすいですし、
豆腐も醤油をかけてささっと冷奴・・・ などなど(^^)

調理も楽で、安くて栄養もあり、大変優秀な食材です!

 

乾物の活用(ひじき・切り干し大根)

乾物は賞味期限が長いので、
安い時にまとめて買っておくと節約することができます。

調理後は、冷蔵庫で3〜4日というところです。

また、余りそうな時は、小分けにして冷凍することもできます!

そのままお弁当に入れれば、保冷剤としても活躍し、
食べる頃には自然解凍されています。

自炊に慣れたら是非お昼もお弁当にトライして、
外食を減らすようにできるといいですね!

 

鶏胸肉

鶏胸肉は、肉類の中で一番安い部位と言われています。

ただ、脂分が少ないので、パサパサしがちなのがちょっと難点。

お肉を柔らかくする分待ちが売られていたり、
塩麹につけておくなど、自炊に慣れてからトライしましょう。

お勧めはチキンカツなどにし、安価でボリュームアップしたい時に最適です!

 

まとめ

いかがでしたか?

一人暮らしの場合、一ヶ月の食費の平均は約30,000円前後です。

水道光熱費や家賃は固定された金額なので、節約しやすいのは食費になります。

 

節約には、まずは自分が何に使っているのかを知ること。

ペットボトルはやめ、水筒を持ち歩くなどしましょう。

買い物の回数を減らすことで無駄遣いが減ったり、
家にある食材を把握することで余計なものを買わずにすみますね(^^)

また、安い食材を知ること、
調理前の保存、調理後の冷凍保存などをしてみましょう。

意外と冷凍できるものがあるんですよ!

 

慣れてきたら、お弁当も作ってみて、
外食を少しでも減らす機会を作りましょう。

最初は大変かもしれませんが、
慣れるとうまく回り出しますので、みなさん頑張って!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ