産後の抜け毛はいつから始まりいつまで続く?防ぐ方法はある?

出産後のマイナートラブルで耳にする抜け毛

まだ若いのに、抜け毛があるという話を耳にすると不安になりますよね。

産後の抜け毛はなぜ起こるのでしょうか?

いつまで続くんだろう・・・。

 

SPONSORED LINK

 

実際に私も産後の抜け毛を経験しました。

ピーク時は排水溝にゴッソリと髪の毛が!・・・なんて事も。

話には聞いていましたがあれはビックリでしたね。

実は、産後の抜け毛はほとんどのママさんが経験します。

産後ならではの原因があるんです!

 

今回は、産後の抜け毛の記事や、
どのくらいぬけるのか?をまとめてみました。

産後の抜け毛は、

  • いつ頃から始まりいつまで続くのか?
  • どのぐらい抜けるのか?

予防法も含めてお伝えしていきますね♪

 

まずは、「抜け毛の原因」から見てみましょう。

 

産後に抜け毛が起きる原因って?どのくらい抜ける?

nukege_01

Original update by:足成

 

産後に抜け毛が起こるのは、なぜなのでしょうか?

一言で言うと、妊娠・出産で起こるホルモンの変化です。

 

妊娠中は流産を防ぎ妊娠を継続させるために、
プロゲステロンという女性ホルモンが働いていました。

分泌を増加させる事で赤ちゃんを守ります。

このプロゲステロンには、ヘアサイクルの延命効果もあります。

分泌量の多い妊娠中は、髪の毛の寿命が延びていたんです。

出産すると、通常の身体に戻る過程で、
プロゲステロンの分泌は一気に減少します。

ここで、妊娠中に特別に延命されていた髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

 

これが抜け毛が起こる原因です。抜ける量には個人差があります。

ごっそり抜けてしまう人もいれば、あまり気にならない人もいます。

これは、産後のホルモンの減少が緩やかな場合と急激な場合があります。

急激な人ほどヘアサイクルが乱れが大きく、抜け毛が多い傾向にあるようです。

 

また母乳育児の場合は、授乳で赤ちゃんに栄養を与える事で
髪の毛への栄養が不足してしまい、抜け毛が加速する事もあります。

 

このホルモンバランスによる産後の抜け毛は、
一体いつからいつまで続くのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

産後の抜け毛はいつから始まりいつまで続く?

ホルモンの関係で、どうしても起こってしまう産後の抜け毛。

いつから始まりいつまで続くのか、気になりますよね…

抜け毛は平均的には、
産後3ケ月頃から始まり6ケ月頃までがピークだと言われており、
6ケ月から1年くらいで治まって来る人が多いようです。

 

個人差はありますが、6ケ月から1年位で
子宮や卵巣等の身体の機能が妊娠前の状態に戻ると言われています。

抜け毛に影響を与えていたプロゲステロンの分泌も正常量の分泌に戻るので、
抜け毛もおさまり、髪の毛も生えてきます。

おさまるまで6ケ月~1年、これはあくまでも平均です。

 

抜ける時期にも個人差があります。

早いとまだ生後1ケ月なのに始まったと言う人もいますし、
6ケ月過ぎたのにまだ抜ける場合もあります。

かく言う私自身も、産後1年たっても抜け毛は続きました(;∀;)

ホルモンの分泌量に個人差がある為、症状にも個体差はあるんです。

 

とはいえ産後の抜け毛は一時的なもの!!

バランスが整ってくれば自然と落ち着いてくるので時期が来るのを待ちましょう。

髪にボリュームは戻ってくるので、心配しなくても大丈夫です。

生えてくる毛が、ぴょんぴょんとハネまくりますが・・・(´;ω;`)

 

事前に知ってしまった産後の抜け毛・・・。

なんとか抜け毛を「防ぐ方法」はないのでしょうか?

 

産後の抜け毛を防ぐ方法はある?

nukege_02

Original update by:足成

 

残念ながら、産後の抜け毛を完全に防ぐことは出来ないです。

ホルモンバランスが整うのを待つしかありません…。

 

しかし!!!!!

少しでも抜け毛を減らしたり、少しでも時期を短くすることはできます♪

ポイントはホルモンバランスが整いやすくなる状態を作ってあげることです。

 

1.しっかり睡眠を取る!!

睡眠を取るって、赤ちゃん中心の生活だと一番難しいですよね。

睡眠時間が確保できなければ、せめて睡眠の質を高めるようにしましょう。

質の良い睡眠は、睡眠時間の長さではなく、
睡眠中に脳がリラックスすることで得られるのです。

なるべく太陽の光を浴びたり、
簡単なストレッチを心がけるだけでも効果がありますよ。

他にも、安眠効果のあるアロマオイルを使うのも良いですよ!
短時間の睡眠でもぐっすり眠れて疲れも取れやすくなります。

慣れない育児で時間が足りなくなって、
ママさんの睡眠時間にしわ寄せがくる時期だとは思います。

ですが睡眠不足は、
自律神経が乱れホルモンバランスがさらに崩れてしまうんです。

休めるときは休みましょうね。

 

2.バランスの良い食事をする!!

ホルモンバランスを整える事を意識した食事をしましょう。

大豆製品は女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用があると言われています。

加工食品でも作用は変わらないそうなので、
納豆、豆腐、豆乳、味噌等・・・ 積極的に食事に取りいれて下さいね。

また、産後の回復の為にはタンパク質の摂取も必要です。

しらす干し(半乾燥)がタンパク質の含有量が多いそうですが、
魚やお肉にもタンパク質は含まれます。

亜鉛の含まれるナッツ類や、ミネラル豊富な海藻類も大事です。

カルシウム乳製品にも含まれるのですが、
授乳中だと乳腺が詰まりやすくなるので過剰な摂取は気を付けて下さいね。

食事の方は睡眠に比べるとコントロールしやすいかもしれません。

バランスの良い食事を3食しっかり食べましょう。

食事で摂れればベストではありますが、サプリメントで補うのも良いでしょう。

 

3.今まで使っていたシャンプーを変えてみる!!

産後の身体はデリケート。頭皮も同じです。

頭皮や髪の毛に優しいものを選びましょう。

シリコンが入っているものは避けた方が良いでしょう。

シャンプーには小さい字ですが成分が記載されています。

シロキサン、ヒートケラチン、ジメチコン、シリル化ケラチンなどがシリコンの事です。

産後のデリケートな頭皮には毛穴を詰まらせたり、
乾燥やかゆみの原因になると言われている化学成分は極力避けましょう!

頭皮の環境を改善する為に育毛剤を使ってみるのも一つです。

一番良い方法は、行きつけの病院で相談♪

授乳中は禁止の商品もあるの、で大丈夫かチェックしてから使用して下さいね。

 

 

産後の抜け毛がいつまでも続く場合は?

産後の抜け毛がいつまでも続くのは一体…?

「産後6カ月をピークにおさまると聞いたのに…。」というママもいらっしゃいます。

(私のこと・泣)

 

理由は2つあります。

 

1.分娩後脱毛症

産後の大量な抜け毛は「分娩後脱毛症」とも言われています。

急激な女性ホルモンの変化が原因なのですが、抜け毛があまりに酷かったり、
平均的に落ち着くと言われている1年を過ぎても治まらないと心配になりますよね。

抜け毛は、長く続くとメンタルにも負担がきます。

病気じゃないかと不安になったら病院を受診してみましょう。

原因がわかるだけでも安心できるはず。

円形の脱毛になってしまった場合も受診しましょう。

どこを受診すれば良いか悩むと思いますが、
産後の抜け毛はホルモンバランスの乱れが原因なので、
まずは婦人科を受診してみてください。

女性ホルモンが原因でなければ、
婦人科の先生が適した科を紹介してくれるはずです。

 

2.母乳育児

分娩後脱毛症は産後のホルモンバランスの乱れから起こるので、
母乳とは直接は関係がありません。

ですが他の脱毛の原因になる事があるので、完母の場合はより注意が必要です。

母乳を作るにはエネルギーが必要ですよね。

  • 産後の忙しさで食事もしっかり食べられない…
  • 夜中の授乳で生活リズムが乱れ睡眠不足…
  • 疲れからストレスも溜まるいっぽう…

それでも、赤ちゃんに母乳を与える事で
どうしても栄養不足やエネルギー不足になりがちになります。

 

栄養不足+睡眠不足+ストレス は抜け毛を加速させ、
生まれ変わる新しい髪の毛にも大きな影響を与えてしまうのです。

 

まとめ

産後の抜け毛は「プロゲステロン」というホルモンバランスによるもので、
どうしても避けることはできないものでした。

産後6ヶ月をピークにおさまっていきますが、
個人差があるものですので、1年ほど続くママもいます。

 

私自身も産後の抜け毛を経験したので、
気になって仕方ない気持ちはすごく良くわかります。

「禿げるんじゃないか」と心配になるほど抜ける場合もあるかもしれません。

でも、必ず治まるものなので大丈夫です!

抜け毛が始まっても、あまり深刻になりすぎないでくださいね♪

 

思い返せば、慣れない育児で常に睡眠不足、食事も適当でした。

ママ自身もできるだけ休息をとり、しっかりと栄養もとってくださいね。

また、シャンプーを変えたりするのも1つの方法です。

見た目が気になるママは、
パーマでボリュームを出したり(ミルク育児や母乳育児で抵抗のない方は)、
帽子をかぶったりして、この抜け毛の時期をやり過ごしましょう!



誘導1

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ