妊婦の風邪に効果のある飲み物って?薬は飲んじゃダメ?

「風邪ひいたー。ただでさえ身重でしんどいのにサイアクだよ~。」

赤ちゃんのためにも自分のためにも、早く治したいですよね。

 

妊婦って、風邪薬を飲んでもいいのかな?!

妊娠中は薬を飲んではいけないと聞きますが、本当なのでしょうか?

 

SPONSORED LINK

 

妊婦さんは常に体調管理が重要ですが、
妊娠中は免疫が落ちる分、これが想像以上に大変なんですよね!

特に寒さが本格化するこれからの季節、風邪に悩まされる妊婦さんも多いです。

しかも、妊娠中は薬や飲み物・食べ物には気を遣いますよね。

 

そこで、妊娠中でも安心して飲める、
風邪に効果のある飲み物を調べてみましたので紹介します。

 

妊婦さんは風邪薬を飲んじゃダメって本当?

kaze_01

Original update by : shima

妊娠中は免疫が低下しているので、風邪を引きやすく長引くことが多いのです。

しかしお腹に居る赤ちゃんのためにも、
自分自身のためにも1日でも早く治したいですよね。

 

ここで浮上する疑問点は、普段何気なく飲んでいる風邪薬

妊娠中は服用OK?NG?

答えは、自己判断での服用はNGです!

 

風邪薬に限らず、様々な薬やサプリメント、
栄養補助食品などを服用したい時は必ず医師に相談してください。

そして、市販の薬やサプリメントの多くは、
妊娠中の服用が禁止されていたり医師に相談するよう記載されています。

ですので、風邪薬を服用したい場合は医師に相談をし、
処方してもらったものを服用しましょう。

病院では妊娠中であることを伝えれば、
妊婦さんでも飲める薬を処方してもらえます。

(※授乳中も同じです。)

また、薬やサプリメントに含まれる成分には多かれ少なかれ
お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性があるものもあります。

 

【妊娠中に気を付けたい薬】

  • 痛み止め・解熱剤
    ロキソニン、ボルタレン、アスピリン、フェルビナクには、非ステロイド消炎物質である「NSAIDs」が含まれています。
    服用するとお腹の赤ちゃんの動脈管が収縮し、「胎児循環持続症」を発症する危険性があります。
  • センナ・センナ茶
    便秘解消に服用する人も多いでしょうが、センナには子宮を収縮させる可能性があるため妊娠中は避けましょう。
  • 睡眠薬、ホルモン剤、抗がん剤、ワクチン、抗うつ剤

 

病院で処方されるこれらの薬も妊娠中は服用を中止するべき、最も避けたい薬です。
必ずお医者さんに相談してください。

 

【妊娠中に気を付けたいサプリメント】

  • 女性ホルモン様物質
    大豆イソフラボン、レッドクローバー、チェストツリーなど女性ホルモンを補う成分は、妊娠中のホルモンバランスを崩してしまう恐れがあります。
  • 動物性ビタミンA
    動物性由来のレチノールが含まれるビタミンAは、特に妊娠初期に摂取し過ぎると、お腹の赤ちゃんの発育に影響を及ぼし、水頭症や口蓋裂を引き起こす危険性があります。
  • マルチビタミン
    理由はまだ解明されていませんが、妊娠初期にマルチビタミンを摂取していると早期流産のリスクが3割アップすると言う調査結果があります。

 

ちなみに、軽度であれば、風邪自体が赤ちゃんに影響することはありません。

ただし、高熱が長期間、続く場合は、
羊水の温度が上がって赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があります。

風邪の症状である咳は、お腹が張りやすくなるので、
早産傾向のある妊婦さんは早めに対処することをお勧めします。

 

他には、イソジンやガラクールなどのうがい薬

妊娠中に限らず普段から使っている人は多いですよね。

このうがい薬には、
ポビドンヨードと言う強い殺菌・消毒効果のある成分が含まれています。

そして、このポビドンヨードを摂取しすぎると、
お腹の赤ちゃんの甲状腺の発達に影響を及ぼし、
「先天性甲状腺機能低下症」と言う機能障害を起こす恐れがあります。

ポビドンヨードの過剰摂取とは、
普段から風邪予防にうがい薬を使っていたり、1回の使用量を守っていなかったり、
妊娠中も長期間に渡り1日に何度もうがいをしている場合を指します。

 

妊娠中は普段より弱めの薬を処方される事が多く、
風邪が治るまでにいつも以上に時間がかかるかもしれませんが、
必ず病院の指示に従ってくださいね。

また、数週によって服用を避けたい薬もありますので、
病院では必ず数週も伝えるようにしましょう。

 

それでも、薬を飲むことに抵抗がある、薬を飲まずに直したい、
病院に行くこと自体が辛い(悪阻などで)という妊婦さんもいます。

では、薬に頼らずに風邪を治す方法はあるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

妊婦の風邪に効果のある飲み物って?

風邪の原因の1つは、乾燥です。

風邪を治すには、喉を温めて保湿する必要があります。

また、熱で汗をかいたり食欲がなくなったりするので、
しっかり水分補給をしてください。

 

妊婦さんも飲める風邪に効果のある飲み物を、いくつか紹介します。

 

  • スポーツ飲料
    ポカリスェットやアクエリアスなど、種類も豊富で手に入りやすいので手軽に摂取できます。
    スポーツ飲料には炭水化物と塩分が含まれているので、食欲がなかったり、発熱で汗をかいた時の栄養補給に最適です。
  • オレンジジュース
    ビタミンCが摂取でき後味もスッキリしていて飲みやすく、コンビニやスーパーで購入できて便利です。
    ビタミンCは体内で風邪と戦う白血球を強くしたり、風邪ウィルスに感染した細胞を守るインターフェロンを分泌します。(※ただし、ビタミンCと風邪の関係は医学的に証明されておらず個人差があります。)
    また、冷たいままだと体を冷やしてしまうので常温で飲みましょう。
  • しょうが湯
    体を温める食材の代表、しょうがをすりおろしてお湯に入れて砂糖やハチミツを加えたら完成です。入れすぎると辛くなるので分量を調整しながら作ってください。
    生姜は体を温めるだけでなく、辛みの素となる「ジンゲロール」には、のどの痛みを和らげる効果もあります。
  • ゆず茶
    のど飴や冬至にも使用されるように、ビタミンCが豊富な風邪の定番ホットドリンクです。
    小さく刻んだり摩り下ろした皮を入れると、一層香りと食感も楽しめておススメ。
  • ホットコーラ
    初めて聞く人も多いと思いますが、コーラを温めたホットコーラも風邪に効果があるとして、海外(特に香港)では定番の民間風邪薬です。
    作り方は簡単!その名の通りお鍋や電子レンジでコーラを温めるだけ。炭酸が絶妙に抜けて飲みやすく体も温まります。
    輪切りにしたレモンやすりおろした生姜をプラスして、ジンジャエール風にするのも人気のようです。
  • 葛湯
    「葛根湯」でおなじみの「葛」は、昔からの大定番。風邪と言ったらコレですね!
    原料の葛は解熱・発汗・鎮痙作用があり、特に風邪の引き始めに効果絶大です。
    市販の葛は砂糖が入っていてほんのり甘く、トロッとして腹持ちも良いので、食欲がない時にもおススメです。

 

風邪で咳が出る場合におすすめの飲み物は?

kaze_02

Original update by : acworks

 

コンコンと長引く咳は、喉を傷めるだけでなく体力も奪います。

また、お腹の張りを引き起こす場合もあります。

なんとか早く咳を止めたい!!!

 

のど飴にも多く使われているように、
喉を労わる食材のひとつにハチミツがあげられます。

ここでは、このハチミツを使った簡単に作れる、
風邪の症状を和らげる飲み物を紹介します。

 

  • ハチミツ大根
    薄切りや角切りにした大根をハチミツに漬けるだけの簡単特効薬。
    飲み方は少量をそのまま飲んだり、お好みの薄さにお湯で割ったりします。
    大根独特のにおいがするので飲みにくい場合はハチミツを追加してください。
    漬けた大根を食べる人も居るようですが、こちらも大根独特の辛みが残っていますので苦手な人にはおススメできません。
  • ハチミツレモン
    ビタミンCを豊富に含むレモンとハチミツの最強コンビです。レモン汁を絞ったり、ぽっかレモンでも代用できます。
    ハチミツとレモン汁を混ぜたらお好みの甘さになるようにお湯で割ってください。
    温かくてほっとする優しい喉ごしで、非常に飲みやすいのではないでしょうか。
  • ハチミツかりん
    大根と同じように、花梨をハチミツ漬けにして、お湯で割って飲んでください。
    黄色く色づいてきた花梨を使いますが、漬かるまでに1、2ヶ月かかってしまうので、他の飲み物と比べてお手軽さに欠けてしまいます。
    風邪の予防にも最適なので、スーパーで花梨を見つけたら、ハチミツ漬けにすることをおススメします。

 

他にも、飲み物でも紹介した柚子、のど飴にも使われている金柑(きんかん)、
そして緑茶もつらい咳や喉の炎症を和らげる効果が期待できます。

 

柚子は柑橘類の中でもビタミンCを1番多く含んでいるだけでなく、
体を温める効果もあるので、風邪を治すには最適な食材のひとつです。

 

金柑はビタミンCだけでなく、AとEも含まれており咳止めとして効果的です。

摂取方法としては、花梨と同じようにハチミツ漬けにしたり、
漬けたシロップを飲むのがメジャーですが、
酸味が少なく甘みを含むので実をそのまま食べる事もできます。

 

そして緑茶にはビタミンCだけでなく、殺菌効果のあるカテキンが多く含まれていて、
緑茶でうがいをすることで喉の炎症をおさめてくれます

 

ちなみに、辛い物や固いもの、そして冷たい食べ物は、
喉を刺激してしまい咳が悪化してしまうので摂取NGです。

 

まとめ

いかがでしたか?

風邪をひいてしまったら、
乾燥対策をしてとにかく温かくして安静にしてください。

風邪自体が、赤ちゃんに大きな影響を及ぼすことはありませんが、
咳などが続くとお腹の張りにつながります。

市販の薬を自己判断で飲むことは危険ですが、
お医者さんに行けば妊婦さんでも服用できる薬を処方してくれます。

 

薬に抵抗がある妊婦さんは、
生姜・ゆず・ハチミツを使った飲み物を試してみてくださいね。

また、水分補給には、水よりもスポーツ飲料がおすすめです。

免疫力の落ちる妊婦さんが風邪をひいてしまうのは、仕方のないことです。

早めの対処で、元気な赤ちゃんを出産してくださいね!!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ