赤ちゃんはどのくらいなら汗をかいても大丈夫?夏の暑さ対策はコレ!

暑くなってきて、髪の毛が汗でずぶぬれ・・・(゚∇゚ ;)!?

 
うちの子だけ?
 

こんなに汗をかいて、大丈夫なのかな?

 
脱水になるんじゃないかって心配><

 

 

SPONSORED LINK

 

 

赤ちゃんの大量の汗、、、、
 
大人はそれほど暑くないのに、シャワーを浴びたかのように、をかいていてびっくりされていますか?
 
赤ちゃんは基本的に汗っかきです。

 
あんなに汗をかいても大丈夫なのでしょうか?

 
それとも冷房などで室温を調節した方が良いのでしょうか?

 
脱水熱中症になっても心配ですし、赤ちゃんは物を言いませんから、暑さを我慢させているのではと心配になりますよね。
 

寝汗もすごくてクーラーをつけようか、冷えると良くないので付けないほうが良いのか?と悩まれるママもおおくいらっしゃいます。
 

赤ちゃんが、快適に過ごせるようには、どうしたらいいのでしょうか?
 
 
夏の暑さ対策をまとめてみました。

 
まずは、赤ちゃんはどうしてたくさん汗をかくのか、調べてみました。

 

 

赤ちゃんはが汗かきな理由は?

1

Original update by:写真AC

 

赤ちゃんは、どうしてあんなに汗をかいてしまうのでしょう?
 
まず、人間が汗をかく仕組みからご説明します。
 

ヒトが、汗をかく目的は体温調節です。
 

運動をして体温が上がったり、暑い外気に触れると、体の外に、体温を逃がす事で、体の中の熱量のバランスを図ろうとします。

この熱の排出に一役買っているのが「汗」です。

汗をかく事によって、体の中の熱を放出し、体温調節しているのです。

 

では、どうして赤ちゃんは、たくさん汗をかいてしまうのでしょう?

これは、赤ちゃんの「汗腺」の数に秘密があります。

 

「汗腺」とは、汗を分泌する穴(腺)を指します。
 
汗腺は、大人でも、平均、200万~500万個あると言われています。
 
実は、これと同じ数の汗腺が赤ちゃんにもあります。
 
大人と比べると、赤ちゃんの体は小さいですよね?
 
赤ちゃんの体は大人に比べて表面積が少ないのに、汗腺は大人と同じ数あるのです。
 

ということは、汗腺のある箇所の密度が高くという事になります。

 
そうなると、大人に比べ、赤ちゃんが、汗びっしょりになっているのが頷けます。

 
大人と同じ量の汗をかいていても、表面積が少ないので、たくさん汗をかいているように見えるというわけです。

 
これが、赤ちゃんがたくさん汗をかく原因です。
 

また、赤ちゃんは、私たち大人よりも、新陳代謝が活発です。

 
ですから、その分大人よりも多く汗をかいていて、およそ2倍と言われています。

 
ただでさえ汗をたくさんかいているように見えるのに、かいている汗は大人の約2倍となると、赤ちゃんが汗をたくさんかいて、当然ですね(^^)

 
 
しかし、

  • シャワーを浴びたようにびっしょりになってしまう。
  • 夜中に何度も着替えをしている

 
こういったママは
 
脱水にならないのか?

熱中症にはならないのか?

 
と心配になって当然ですよね。

 

こんなに汗をかいてもいいものなのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

こんなに汗をかいても大丈夫?

全身、汗でびっしょりになってしまう赤ちゃん。。。。

 
赤ちゃんは汗かきといえど、こんなにびっしょりになるほどかいても大丈夫?
 

結論から言うと、大丈夫です !

 

汗は、体温調節のためにかいています。

ですから、赤ちゃんが汗をかいていたら、体温調節の機能がちゃんと働いている証拠なんです(^^)

心配いりません!

 

実は、ヒトの持つ汗腺には2種類あります。

  • 働く汗腺
  • 働かない汗腺

 
 

働く汗腺を「能動汗腺」といいます。

 
生まれた時は、どの赤ちゃんも、能動汗腺がありません。

生後2週間くらいから、能動汗腺がだんだんと発達していきます。
 
上に出てきたように、運動や気温などで、体温調節をする時に汗をかく仕組みがあります。

その汗をかく時に、能動汗腺がどんどん作られます。
 
そして、だいたい3歳頃までに、その人の持つ能動汗腺の数が決まります。
 
たくさん汗をかくと、その分だけ能動汗腺が作られます。

 
実際、寒い地方と、暑い地方で育った人には、能動汗腺の数の違いが見られます。

 

  • ロシア人で約180万個
  • 日本人で約230万個
  • フィリピン人で約280万個

 
暑い地方の人は、たくさん汗をかけないと体温調節ができませんから、能動汗腺がたくさん必要になります。

 
汗をたくさんかく事を心配し、常にエアコンなどで冷えている状態にしてしまうと、能動汗腺の数が少ないまま大人になります。

成長してから、熱中症になるなどのリスクが高まります。

 
一方、能動汗腺が多ければ、たくさん汗をかくことができ、それだけ暑い気温に耐えうる身体となります。

 
ですから、赤ちゃんが汗をかいている時は、能動汗腺を作っている証拠!

 
汗は、たくさんかいていいんです(^^)

 
 

ただし、心配な汗もあります。

【注意すべき汗】

  • 汗の量が急激に増えた。
  • 顔が赤く元気がない。
  • 汗がベタベタとしている。
  • 発熱をしている。
  • 何かがいつもと違う。

 

こういった場合は、何かが起きている可能性がありますので、小児科に行きましょう。

 

また、たくさん汗をかくと、その分、脱水症状になる心配は実際にあります。

赤ちゃんは、大人のような、ちょっと喉がかわいたからと、自分で水分補給をする事ができません。

汗をかいているなーと思ったら、こまめに母乳やミルクを与えたり、麦茶や白湯などを与えましょう。

 

赤ちゃんが汗をかいてよいとわかって一安心。

しかし、あまりに寝汗がひどく、毎晩赤ちゃんの着替えをしているお母さんもいます。

これでは、赤ちゃんも熟睡できないし、お母さんが疲れてしまいます。。。。

 

赤ちゃんもお母さんも、快適に過ごせる寝室の温度はどうしたらよいでしょう?

 

寝汗がすごい赤ちゃんに適した寝る時の室温は?

2

Original update by:写真AC

 
全身びっしょりになって寝ている赤ちゃん。。。。
 
寝室の室温が合わないのでしょうか?

 
赤ちゃんが寝ている時に最適と言われている室温は、26℃〜28℃といわれています。

 
最初に部屋を冷やしておいて、2時間くらいでオフにできるよう、タイマーをセットしておきましょう。

 

エアコンがオフになると、大人が暑くて耐えられない。。。。

そんな場合は、高めの28℃くらいに設定して、2時間以上長くつけても大丈夫です。

 

また、扇風機の活用の方法もあります。

 
ただし、扇風機の風が、直接赤ちゃんに当たらないようにしましょう。

汗をかいた状態で、扇風機の風が当たり続けると、当然身体が冷えすぎてしまい、赤ちゃんには危険な状態となります。

 
こちらも、首振りにしてタイマーにするなど、注意が必要です。

 

また、赤ちゃんは、汗をかいていても、比較的手足が冷たい事が多いです。

胴体部分が暖かければ心配ありません。

胴体部分も冷たくなってしまっているようでしたら、これは冷えすぎのサインです。

たまにチェックしてあげましょう(^_−)−☆

 
また、両手万歳で寝る赤ちゃん♡

この時、手足が外気の温度のセンサーとして働いている役割もあります。

手足をすっぽり隠してしまうと、センサーがうまく働かず、ただでさえ上手でない体温調節がもっと難しくなってしまいます。
 
手足はそのままで、おなかにタオルケットをかけてあげる程度にしましょう。

 

では次に、汗を書く事によって発生する問題。。。。(ー ー;)

 

汗疹や脱水、熱中症などの、対策をご紹介いたします。

 

夏に気を付けるポイントと対策はコレ!

3

Original update by:写真AC

 

赤ちゃんが汗をかくのは普通のこと。
 
そして、体温調節の練習にもなっています。
 
しかし、汗疹や脱水症状など、気をつけなければならない事がたくさんあります。
 
 
気をつけるべきポイントをまとめてみました!

 

  1. 汗疹対策
  2. 汗疹はどうしてできるのでしょう?

    たくさん汗をかいた時に、汗の通り道(汗管)が詰まってしまい、皮膚の内部に汗が溜まってしまうことです。

    これが水ぶくれになり、かゆみを伴います。

    掻きこわしてしまうと、炎症を起こし、赤い湿疹になります。

    ですから、予防策は、汗をかいたらこまめにシャワーで流すことです。

    石鹸を使わなくていいので、しゃーっと流すだけでも効果があります。

    時間がなかったり、外出時などは清潔な濡れタオルで拭いてあげるのもよいでしょう。

    掻きこわしてばい菌が入ると、トビヒになる恐れもあります。

    あまりに痒いようでしたら、トビヒになる前に皮膚科を受診しましょう。

     

  3. 夜中の着替え対策
  4. 夜中に汗びっしょりになってしまう赤ちゃん。

    夜中に何度もシャワーはできませんよね。

    着替えだけでもお母さんは疲労困憊です。

    その時に、汗取りパットが役立ちます。

    素肌と肌着の間に挟むようにして使います。

    汗をかいていると思ったら、赤ちゃんを着替えさせることなく、これをぱっと抜き取るだけ。

    また、寝ているときだけでなく、着替えができないお出かけの時や、密着する抱っこ紐の時などにも役立ちます。

     

  5. 脱水症状・熱中症対策
  6. 赤ちゃんの体の約80%は水分と言われています。

    このうちのほんの数%が失われただけで、脱水症状になってしまいます。

    汗をかくと水分が失われますが、ナトリウムやカリウムも同時に失われていきます。

    このことにより、身体の中のミネラルバランスが崩れ、頭痛や吐き気、全身倦怠感などを伴う場合を熱中症と呼びます。

    赤ちゃんは、身体が小さい分、大人が大丈夫だと思っていても、急激に悪化することがあります。

    大人が大丈夫だと思っても、赤ちゃん用イオン水などで、喉が渇いてなくてもこまめな水分補給をしましょう。

    また、散歩やお出かけは、できる限り気温が高い時間(11時~15時)は避けましょう。

     

     

  7. 夏のお出かけの持ち物
  • 帽子

嫌がる赤ちゃんは多いかもしれませんが、夏の日差しは赤ちゃんにとっては強烈です。

つばの広いものを選び、直射日光ができるだけ当たらないようにしましょう。

 

  • 保冷シート

ベビーカー用や抱っこ紐用で保冷シートが売っています。

こちらは、アイスノンや保冷剤と違い、凍らせてもカチカチにならず、柔らかいジェル状を保ちます。

赤ちゃん用の保冷シートですと、絶妙な25℃前後を保ってくれます。

冷えすぎ防止にもなる優れものです。

 

  • 凍らせたペットボトル

凍らせたペットボトルは常に持っておきましょう。

首筋や脇など、短時間で局所的に冷やしてあげたい時に有効です。

万が一の水分補給にも役立つ優れものです。

 

  • うちわ、扇子

こんなもの。。。。と思うかもしれませんが、あると便利です!

赤ちゃんのこともあおいであげれますし、ママにもおすすめです(^^)

扇子は、小さくコンパクトになりますから、いつもバックに入れておきましょう(^_−)−☆

 

  • 赤ちゃん用イオン水など

脱水症状や熱中症予防に、必須と言えます。

完全母乳のお母さんでも、どこでも授乳できるかといえばそうではありません。

水分補給をしたいときにすぐに自由にできるように、必ず持って行きましょう。

 

 

まとめ

シャワーを浴びたかのように、汗びっしょりになってしまう赤ちゃん。

これは普通のことです。

大人に比べ、新陳代謝が活発なので、大人の約2倍の汗をかくと言われています。

また、身体の表面積は小さいのに、大人と同じ汗腺の数を持っていることから、たくさん汗をかいているようにも見えるんですね。

たくさん汗をかくと心配になりますが、汗をかくことによって能動汗腺が作られ、将来的に使う能動汗腺の数が増え、暑い気温でも耐えうる身体となります。

 

いわゆる体温調節の練習です。

ですから汗はかいても大丈夫(^_−)−☆

心配な方は、体温を測ってあげましょう。

 

また、全身の様子を観察し、おかしいと思ったらすぐに小児科に行きましょう。

ただ、汗をかくことにより、脱水症状になるのは本当です。

こまめに水分補給をしましょう。

 

赤ちゃんが寝ている部屋の温度は26℃〜28℃が理想です。

エアコンや扇風機のタイマーを活用しましょう。

また、寝汗の対策として、全身の着替えが不必要な、汗取りパットをおすすめします。

赤ちゃん専用保冷シートなどもありますので、グッズを使って、暑い日本の夏を乗り切りましょう(^_−)−☆

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ