赤ちゃんのパジャマはいつから何を着せる?洗濯をする頻度は?

赤ちゃんが産まれてしばらく経ち、育児に慣れてこられたでしょうか?

 
お世話に慣れてくると、新たな疑問が次から次へと浮かんできますよね。
 

実際に赤ちゃんと生活をしてみて初めて疑問に思うことのうちの1つが、パジャマ!
 

寝てばっかりなのに、いつからパジャマを着せるんだ?

 

 

SPONSORED LINK

 

 

確かにパジャマを着せ始める時期などは、何か月から…と決まっているものではないですもんね
 
昼夜の感覚を付けるために、パジャマの習慣は良いと聞くと・・・
 
「あれ?もう着せた方がいいのかな?」と、自信がなくなりますよね。

 

今回は、赤ちゃんのパジャマデビューについてまとめました。
 
パジャマを着せる時期素材などの悩みにお力になれたらと思います。

 

 

赤ちゃんにパジャマの習慣は必要?

a

Original update:Sydney Treasures Photography

  
生まれたばかりの赤ちゃんは、寝るのが仕事…なんてよく言われますよね。

本当に寝ている時間が長いですよね。

おでかけをしない日には、ずっとカバーオールで過ごしているご家庭もたくさんありますよね。

また、早い時間帯にお風呂に入れていらっしゃるママもいます。

 

きっちりと生活リズムが整っていない赤ちゃんに、パジャマの習慣は必要なのでしょうか?

 

絶対に必要!というわけではないですが、強く推奨する!というのが答えです。

 

というのも、パジャマを着せることでこんな良いことがあるのです♪

  • 生活にメリハリがつく
  • 昼夜の区別がつくと夜もくっすり寝てくれるようになる
  • 子どもも大人も同じ、パジャマを着ることでリラックスし、寝つきもよくなる効果がある

 

首が座って、お顔の表情もいろいろ出てきて、さらに自分でコロンコロンと寝返りができるようになってくる頃には、赤ちゃんの生活リズムも整ってくると思います。

昼間もしっかり起きていて、夜にぐっすり眠るようになってきたら、パジャマの習慣をつけましょう。

赤ちゃんなりにパジャマを着たら寝る時間かな?っと感じて生活リズムにもメリハリが出ますよ!

 

では、そのパジャマの習慣はいつから始めると良いのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

赤ちゃんにパジャマはいつから着せる?

いつ頃から、赤ちゃんにはパジャマの着替えの習慣をつけると良いのでしょうか?

 

パジャマの習慣をつけるタイミングのポイントは

  • 首や腰がすわっている
  • 外出する機会が増えた
  • かわいいパジャマを着せたいと思う余裕がママに出てきたら

 

先輩ママ達の中には

  • セパレートタイプの服が着られるようになってから

汗をかいたら上だけを、オシッコが漏れたら下だけを着替えさせられるので楽ちん!

     

  • 夜の授乳の回数が減ってから

授乳回数が多いと、パジャマどころではない・・・。(確かに。。。)

     

  • こちらの話を理解していると感じた頃から

「朝だよ」「これから寝るよ」ということを理解できるようになってから。

     

  • パジャマの習慣よりも朝になるとオムツと一緒にお着換えをしてスッキリ♪

寝ている間に、赤ちゃんは汗をたくさんかいています。
 
 

という声もあります。

いつから着せないといけないという決まりは、もちろんありません。

赤ちゃんの意思で体を動かせるようになってくる寝返りができるようになる頃を目安にしてみてはいかがでしょうか。

そのころには生活リズムも整って昼間起きていることが長くなり、夜の睡眠時間も長くなってきます。

このころから昼夜の区別をつける意味でもパジャマに着替えるということを始めてもいいのではないでしょうか。

 

さぁ、赤ちゃんにパジャマを着せることを決めると、次の疑問は・・・

 

何を着せるのと良いのか?ということですよね。

 

赤ちゃんにパジャマは何を着せる?

b

Original update:Daisy Star

 

パジャマといっても、お店でわざわざ「パジャマ」を買ってくる必要はありませんよ。

着古したカバーオール、ロンパースでも大丈夫です。

要は、赤ちゃんが寝るのに負担にならず、着替えるという習慣がつけば良いのです。

セパレートでも形にこだわらず、おうちの方が寝る時に着るものとして位置づけたものです。

 

おすすめの素材は、綿素材で汗を吸い取る通気性の良いものをお勧めします。

 

ただ、季節によって着せるものも異なりますよね。

それぞれの季節に着せるパジャマについて、ご紹介いたします。

 

汗をたくさんかくので、薄手のサッカー生地や、クレープ生地というさらっとしたもの。

中綿入りや、キルティング生地など少し厚めのものが良いでしょう。

 

赤ちゃんは体温調節が苦手…。

少し寒いかなと感じたら、肌着を一枚増やしたり、冬場ならスリーパーのようなものを着せるなど、その日その日の気温に合わせて調節してあげてくださいね。
 
 
パジャマの形ですが、まだ一人座りなどできないようなら前あきボタンのものが着せやすいのでオススメです。

お座りができるようになったら被るタイプののものも着せやすく、ママも楽ちんです♪

また活発に動くお子さんなら、おなかが冷えないように腹巻付きズボンのパジャマもおすすめです。

大人でもルールがなくて、よくわからないのが・・・

いつパジャマって洗濯すればいいんだ?

ということですよね。(;^ω^)

 

赤ちゃんのパジャマを洗濯する頻度は?

赤ちゃんは新陳代謝が良く年中汗をかきます。

夏は毎日、冬は2日に1回くらいは洗濯するよう心掛けましょう。

汗を吸ったパジャマを繰り返し使うことで雑菌が繁殖してしまうことがあるかもしれません。

できるだけパジャマはこまめに洗濯してあげましょう。

赤ちゃんのお肌は敏感なので、肌荒れの原因になることもあります。

 

特に、夏であれば赤ちゃんのパジャマは1日で乾きます。

冬場でも2日あれば乾きますので、ママの洗濯の頻度に合わせてパジャマを用意しましょう。

 

毎日洗濯するのは難しい方は、背中に1枚ガーゼハンカチを挟むなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

背中の汗をとるだけでも違いますよ~♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんにパジャマを着せる時期の目安は、首や腰がすわって、おでかけすることも増え、ママの気持ちに余裕が出てきた時で大丈夫です。

季節に合わせた通気性の良い素材のパジャマを着せあげてみてくださいね。

腹巻付きのパジャマがおすすめです♪

洗濯は赤ちゃんのためにも、夏は毎日、冬は2日に1回を目標に、できるだけこまめにしてあげてくださいね。

パジャマデビューのお子さんを写真におさめるのをお忘れなく♡

 

 



誘導1

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ