赤ちゃんの歯磨きはいつから?回数や磨き方はどうする?

うちの子にも歯が生えてきた~♪

嬉しいな(*^-^*)

でも、歯が生えてきたら「歯磨き」しなきゃいけないよね・・・

全然、知識が、無いんだけどΣ(゚д゚lll)ガーン

 

SPONSORED LINK


 
 
なかなか自分以外の歯を磨く機会ってありませんよね。

赤ちゃんの歯が生えてきて嬉しい反面、歯磨きについての不安もありますよね。

 

今回は、赤ちゃんの歯磨きを始める時期や回数についてまとめました。

おすすめの歯ブラシもご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

赤ちゃんの歯磨きはいつから?

ああ

Original update by : ちゃぁみい

ママ達が、まず最初に疑問に思うのが・・・

赤ちゃんの歯磨きっていつから始めるの?」

 

歯がうっすら生え始めた時?

下の前歯2本が生えそろった時?

けっこう生えてから?・・・(。´・ω・)?

 

ズバリ!

正解は「下の前歯2本が生え始めた時」です!!

赤ちゃんに歯が生えたタイミングで始めることで、歯は磨くものという習慣を身に付けてもらいましょう。

 

とは言っても、

赤ちゃんによって性格が違うように、歯の生える時期も赤ちゃんによってさまざま。

私の友達の赤ちゃんは、生後3ヶ月くらいで歯が生えてきていました。

その反面、1歳を過ぎてからようやく生えてくる子もいます。

ですから、一概に「生後○ヶ月頃から歯磨きをしましょう!」というルールはないんですね。

 

歯磨きをスタートするタイミングを逃さないために、自分の赤ちゃんの口の中はこまめにチェックしておきましょうね♪

でも、歯の生え始めに気付くのが少しくらい遅れて歯磨きをしない時期があっても大丈夫なんです!

赤ちゃんは自分が出すヨダレで口内をある程度綺麗に保つ事が出来るのです(∩´∀`)∩♪

 

実際に、同じ兄弟でもヨダレが多い子とヨダレが少ない子では、ヨダレが多い子の方がヨダレが少ない子よりも虫歯になりにくかったという体験をしたママはたくさんいます。

 

ヨダレには、

  • 口の中に残った汚れを流す作用
  • 虫歯菌を殺菌する作用
  • つまり「自浄作用」があるんです(^_-)-☆

     

    なので、怖い顔をしてまで赤ちゃんの口の中をチェックする必要はありませんよ。(笑)

    赤ちゃんの歯が生えてくるのを楽しみに、お口の中を覗いてみましょうね♡

     

    では、実際に歯磨きはいつすれば良いのか?

    朝はいらない?

    はたまた、夜だけ?

     

    スポンサードリンク

     

    歯磨きのタイミングはいつ?

     
    歯磨きのタイミングですが、基本的には「朝の食後に1回、夜の寝る前に1回」の2回です。

     
    大人のように、毎食後(授乳後)に磨いていたら、赤ちゃんは1日に5回も6回も磨かなければなりません・・・

     
    そんな事、他にもやることいっぱいで大忙しのママには無理((+_+))!!

    赤ちゃんにもストレスになってしまいます。

    この時期の歯磨きは、歯をきれいにすることよりも、歯磨きに慣れてもらって習慣を付けることが目的です。

     
    1日2回も磨ければ上出来です♪

     
    ちなみに、離乳食が始まった赤ちゃんは、離乳食後に、わざわざ歯磨きまではせずとも、湯冷ましを飲ませて食べカスを口の中に出来るだけ残さないようにしましょう。
     

    この時期はこのような簡単なケアでも大丈夫です。

    そして夜にはママが仕上げ磨きをして1日の汚れをしっかり取ってあげましょう♪

     

    中には、「朝起きてすぐに歯磨きをしてあげたい」というママもいると思います。

    虫歯菌は夜に寝ている間に増殖すると言われているので、そう思うママの気持ちもよく分かります(゚д゚)(。_。)ウン

    かく言う私も、朝は歯を磨いてからでないと朝ごはんが食べられません・・・。

     

    でも、大丈夫!

    そんなママには、赤ちゃんの寝起きの歯磨きの代わりに「水」を飲ませる事をオススメします

    水を飲む事で、多くの虫歯菌を流す事が出来ますよ♪

    また、夜の歯磨き後に水分を欲しがった場合はミルクでは無くお茶か水を与えるようにできるといいですね。

     

    ミルクには糖が含まれており、それが虫歯の原因になる事があります。

    ただし、虫歯になるから!と無理に夜間断乳をする必要もありません。

     

    うちの息子は2歳4カ月まで夜間授乳が続きましたが、虫歯はありません。
    (※すべての赤ちゃんに虫歯がないわけではありません。)

    機嫌が良いタイミングでよく歯磨きをするようにしていましたよ。

    夜間授乳で虫歯が気になるママは、一度、小児歯科で相談してみてください。

    また、歯磨きをきっかけに断乳するママもいますので、赤ちゃんとママのタイミングがあえばトライしてみてくださいね。

     

    朝の歯磨きも夜の歯磨きも、赤ちゃんの機嫌のよい時に、歌を歌ったり話しかけたり、楽しい雰囲気の中で行ってみて下さい♪

    赤ちゃんが疲れていたり、眠たい時に無理強いは禁物です。

    歯磨きが終わった後には褒めてあげる事を忘れずに☆

     

    それでも、歯磨きを嫌がる赤ちゃん・・・

    実際にいます( ノД`)シクシク…

    こんな赤ちゃんには、歯磨きの回数を減らしちゃってもいいのでしょうか??

     

    歯磨きの回数はどうする?

    いい

    Original update by : donnierayjones
     
     
    赤ちゃんが嫌がる中、1日2回の歯磨き・・・

    家事もあるし、たまには歯磨きをとばしてもいいかな・・・

    やっぱり虫歯になるのかな?

     

    歯磨きを嫌がる赤ちゃんには、最初は1日1回だけでも大丈夫です!

    どうしても歯ブラシを嫌がる赤ちゃんには、「ガーゼで歯を拭く」というのも有効な手段です。

    先程もご紹介した通り、赤ちゃんのヨダレには自浄作用があるので「絶対に1日2回、朝晩にきっちり歯を磨かないとダメ!」という事はありません。

     

    それよりも、嫌がる赤ちゃんに歯磨きを続けて、歯磨き嫌いになる方がやっかいです(´・ω・`)

    1日1回の歯磨きの場合は、赤ちゃんの就寝前に行いましょう。

    なぜなら、夜に寝ている間は昼間に比べてヨダレが少なくなり、1日の中で一番、虫歯菌が繁殖しやすい時間帯だからです。

     

    また、赤ちゃんが磨ききれない汚れを大人が磨く「仕上げ磨き」。

    これも赤ちゃんが嫌がる事が多いです(´;ω;`)ウゥゥ

    「仕上げ磨き」は、本当は歯磨きのたびに行うのがベストですが、嫌がるようであれば、歯磨きと同様、夜の歯磨き後にしてあげるようにしましょう。

     

    我が家でも、朝は自分で歯磨き、お昼は園で歯磨き、夜は私が仕上げ磨きというふうに進めています。

    それでは最後に、歯ブラシの選び方についてご紹介します。

    歯ブラシを変えると、赤ちゃんが歯を磨かせてくれたりすることもあります。

    また、間違った選び方をしていると歯磨き効果が発揮されないこともあります。

    それでは、みてみましょう。

     

    どんな歯ブラシを使うといいの?

    一言で「歯ブラシ」と言っても、赤ちゃん用の歯ブラシはお店にたくさん並んでいて、

    どれを選んでいいか迷っちゃいますよね(*_*;

    歯ブラシを選ぶ時のポイント

    ①毛が柔らかいもの

    赤ちゃんが痛がらないように♪

    ②ヘッドが小さいもの

    赤ちゃんの小さい口にあったサイズを!

    ③握りやすいもの(棒状なら柄は短め、赤ちゃんが持ちやすいリング状の歯ブラシもあります)

    赤ちゃんが歯磨きの最中に疲れにくいように。

    です。

     

    他にも

    • のど突き防止がついているもの
    • 赤ちゃんが好きな色

    を選ぶとベターです!

     

    また、歯磨きデビューには、ゴムでできた歯ブラシがオススメです。

    カミカミするだけで、よだれが出てくるので自浄作用で虫歯菌を流してくれますし、自分で歯磨きをする習慣にもなりますよ。

    我が家も、この歯ブラシから始めました。

     

    また、ブラシ状では無くても「カミカミBabyバナナ」のような、一見おもちゃに見える歯ブラシも、

    歯ブラシに興味の無い赤ちゃんや、おもちゃを何でも口に入れたがる赤ちゃんにはオススメですよ~

    是非お試し下さい(^^)/

     

    まとめ

    いかがでしたか?

    今回は歯磨きのキホンについてご紹介しました(^_-)-☆

    歯磨きを開始するタイミングは、歯磨きを当たり前のこととして習慣付けるために「下の前歯2本が生え始めた時」です。

    1日に2回「朝起き後、夜寝る前」が基本ですが、赤ちゃんが嫌がるようであれば1日1回「夜寝る前」でも構いません。

    また、歯ブラシは赤ちゃんが口に入れやすく、持ちやすい柄の歯ブラシを選んであげましょう。
     

    ママが怖い顔をしてゴシゴシと磨くのではなく、嫌がる時はお水で口の中の食べカスを流すだけでも問題ありませんので、リラックスして進めましょうね。

     
    歯磨きはとても大切なことなので、赤ちゃんに嫌がられないように「歯磨き=楽しいこと」と赤ちゃんに感じて貰えるように工夫しながら進められるといいですね。
     

    うちも下の歯が生えてきたなぁ~、そろそろ歯磨きはじめなきゃ(はぁ・・・笑)
     
     

    スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ