赤ちゃんはいつからスキー場に行ける?防寒対策は?

妊娠前はよく行っていたスキー場。

赤ちゃんもゲレンデデビューさせたい!

ついでに、自分も滑りたい!!!

でも、寒すぎるのかな・・・

SPONSORED LINK

 

赤ちゃんは、いつからスキー場に連れて行けるのでしょう?

やっぱり、赤ちゃんのうちは我慢しないとダメなのでしょうか。。。

自分で寒いと教えてくれない赤ちゃんは、防寒対策も難しいところですよね>_<

赤ちゃんのゲレンデデビューと、ファミリーにオススメのゲレンデ情報をまとめてみました!

 

 

赤ちゃんのゲレンデデビューはいつから?

 

1

Original update by:写真AC

 

赤ちゃんのゲレンデデビューはいつくらいが適しているのでしょう?
 
ゲレンデデビューは・・・

歩けるようになればOK!

 
だいたい【1歳過ぎ】ですね(^ ^)

 
もちろん、できるのは「雪遊び」です(^ ^)

1歳すぎで最初から板を履いて、
しゅんしゅん滑るなんてできませんからね(笑)

 
砂場が好きなお子様でしたら、砂が雪に変わっただけ!

雪ですから、目に入ったり口に入っても痛くありません!

全身を使って遊べます!

砂場遊びで使うような、スコップやバケツセットで遊ぶ事も出来ますし、
小さい子供にはソリ遊びがぴったりです(^ ^)
 

ゲレンデによりますが、ソリはレンタルがあるところがほとんどです(^ ^)

ただ、ソリは購入してもだいたい¥1,000くらいなので、
買っても無駄にはなりません。

バケツセットや、雪のボールを作るような、
雪遊びに適したオモチャもあります!
 
 

また、「パンダスキー」というものをご存知ですか?

プラスチック製の、なんちゃってスキー板のようなものです(^ ^)

スノーブーツのまま使用できます!

「なんちゃって」と書きましたが、意外と滑ります(笑)

将来はガンガン滑らせたい!と思っている方は、
ここから練習してみてはいかがでしょうか(^ ^)
広大な雪の広場を目にし、子供達は大興奮間違いないですね(^_−)−☆

しかし、心配なのが、やはり寒さです。

 

赤ちゃんに適したゲレンデでの防寒対策は、どんなものがあるのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

赤ちゃんの防寒対策はコレ!

ゲレンデでは、赤ちゃんにどんな防寒対策をしてあげたらいいかな?

 

手袋

一番気をつけたいのが、手袋です。

しもやけになってしまったり、手をケガしたりしないように準備してあげましょう。

普段、使うような手袋では、すぐにびっしょりになってしまいます>_<

スキー用の防水タイプのものを絶対に用意しましょう!

替えの手袋もあればベストです!

 

スノーシューズ

シューズも、雨の時に履くレインシューズでは、とてもじゃないけど寒すぎます!

また、今流行りの、ムートンブーツでもNG!

すぐにびっしょりになってしまいます>_<

こちらも、スノーシューズは絶対に用意しましょう!

ふつうのお店にはなかなか売っていません。

スキーシーズンにはスポーツ用品店で売られていますので、探してみてください。

また、スノーシューズは季節ものなので、使う頻度が低い事もあり、

中古の子供服を扱っているショップでいい状態の物が見つかる事があります(^ ^)

 

ウエア

ウエアも、ただのダウンジャケットなどでは、すぐにびっしょりになってしまいます。

赤ちゃんだからと言って適当なものにはせず、スキーウエアを用意しましょう(^ ^)

 

〜〜サイズ70〜90〜〜〜

サイズ70〜90くらいのものは、なかなか売っていません(u_u)

見つけたら、即買いです!

しかし、スノーブーツ同様、使う頻度が低いです。

中古のショップで見つかる場合もありますよ(^ ^)

 

〜〜サイズ100以上〜〜

サイズ100以上になると、サイズ調節機能が付いたウエアが多く出回ります(^ ^)

ただ、高いですよね(^_^;)

子供は、大人よりもゲレンデにいる時間が短く、すぐに大きくなるので
¥5,000以内で買える物で十分です(^ ^)

あまりにも安いと、サイズ調節機能がいまいちだったり、生地がごわつく場合があります。

必ず試着をし、サイズ調節機能をチェック!

なめらかな生地のものを選びましょう(^ ^)

 

インナー

雪遊びや、ちょっとしたソリで遊ぶだけだと、
スキーやスノーボードのように、体を動かさないので、思ったより冷えます。

ウエアの中は、ヒートテックの上にトレーナーなどを着るなどし、
脱いだり着たり、調節できるようにしておきましょう。

また、ブーツの中には結構雪が入ってきてしまうものです。

スパッツをはくなどし、直接雪が肌に当たらないようにしましょう。

ソックスも、普段のソックスですと、指先が冷えてしまいます。

必ずスキー用のソックスにしましょう。

 

 

防寒対策はこれでOK!

 

赤ちゃんと一緒にスキー場に行く場合、他に何か注意点はあるのでしょうか?

 

 

赤ちゃんをスキー場に連れて行く時の注意点は?

 

2

Original update by:写真AC

 

赤ちゃんとのスキー場、どんな事に注意しておけばいいかなあ?

私の経験を元に紹介します。
日焼け止め

雪の上、意外と焼けるんです!

よくゴーグルの形にパンダのように日焼けしてる人いますよね(^_^;)

赤ちゃん用の日焼け止めを忘れずに持って行きましょう!

 

防水スプレー

意外と役に立つのが防水スプレーです!

手袋も、ウエアも、長い時間雪を触っていると、
どうしても湿ってきてしまいます(^_^;)

特に、手袋が濡れてしまうと、あっとう間に冷えて、
指が痛くて痛くて雪が触れなくなってしまいます。

ウエアや手袋に、しゅーっとスプレーしておきましょう!

 

荷物が多いんだけど・・・

子連れの旅は、どうしても荷物が多くなってしまいますよね〜(^_^;)

ましてや、寒い場所になると、防寒着だけで大変な荷物です(°_°)

しかし、スキー場は、当たり前ですが、山の中にあります。

都会のように、すぐ近くにお店があることはほとんどありません。

ホテルやゲストハウスには売店が必ずありますが、
子供用のグッズですと、サイズが限られ、思うように手に入らないこともあります。

できるだけ出発前に準備して、ちょっと多いと思っても、絶対に大丈夫な量を持って行きましょう!

 

宿はどうする?

泊まりでゲレンデに行く方も多いと思います。

ゲレンデでは、大人も子供も重装備(^_^;)

ただでさえ動きにくくて、子連れですともっと大変ですよね。
移動を最小限にするため、ゲレンデと宿が隣接しているのが理想です!

できれば宿泊施設の目の前にゲレンデがあるような、

そんな宿を選ぶことをオススメします!
お部屋からスキーウエアで移動できるし、
ぐずったり、眠くなったりしたら、お部屋に帰って休めばいいのです(^ ^)

 

ゆったり子供のペースで遊ばせてあげるにも、宿選びはかなり重要なポイントです(^ ^)

 

 

子連れにオススメのゲレンデは、どこにあるのかな〜?

 

オススメのゲレンデはここ!

 

3

Original update by:写真AC

 

子連れに適したオススメのゲレンデはここ!

地方別にまとめてみました!

 

ゲレンデ 場所 子供専用スペース  

みどころ

 

宿泊施設は?
北海道 星野リゾート

トマム

スキーリゾート

勇払郡 ニポタウン ちびっこ専用スキースペース、ソリ専用スペース、スキー学校専用コースを完備! 目の前です!
ルスツ

リゾート

虻田郡 クレヨンしんちゃん

広場

 

ムービングベルト、チュービング、ソリ、雪遊び用のランニングバイク有り! 目の前です!

 

東北

 

雫石スキー場 岩手県 おこちゃまスキー&

スノボパーク

「雪遊びエリア」ではソリとチュービング!「スノーランド」にはスキーデビュー専用コース有り! 目の前です!
グランデコ

スキー場

 

福島県

 

あそんデコらんど

 

50mのムービングベルト有り!ソリ遊びエリアとスキーエリアが分かれているので安心安全! 目の前です!
関東

甲信越

パルコールつま恋リゾート 群馬県  

 

ファミリー

ランドパーク

 

 

あの高橋英樹さんが名誉支配人!チーフプロデューサーは高橋真麻さん!キッズ専用ゲレンデでは雪遊びもOK!  

目の前です!

 

苗場スキー場 新潟県 わくわくファミリー

スノーランド

 

スノーモービルや、その他アトラクションもいっぱい!スキーをしないお子様も楽しめるようにできています! 目の前です!
関西 六甲山

スノーパーク

兵庫県

 

スノーランド 幅200m、全長50mの広大なスノーランド!ソリと雪遊び専用で、スキーゲレンデとは別なので安全(^ ^) 近くにはあの六甲山ホテル!周辺では有名な有馬温泉に入れる宿があります(^ ^)

 

奥伊吹

スキー場

滋賀県 ちびっこゲレンデ 他のコースとネットで分けられた「ちびっこゲレンデ」!透明なトンネルの中を、ムービングベルトが走ってます! 敷地内にコテージあり!約3kmの道のりです。(^ ^)
中国

四国

スノーリゾート猫山 広島県 雪遊び広場 雪遊び広場の入場料に、ソリとおもちゃのレンタルが入っています!荷物が少なくて助かっちゃう! 目の前のコテージか、敷地内に多数!
久万スキーランド 愛媛県 ちびっこゲレンデ 初心者コースの横に、ネットで区切られてあるちびっこゲレンデだから安心!初心者のリフトはゆっくりにできています(^ ^) 周辺に宿あり!宿泊費用とスキーランド入場料がセットに!
九州 九重スキー場 大分県 子供ひろば スキー場とはフェンスで区切られているソリ広場有り!ソリとブーツの販売は売店であります(^ ^) 周辺に温泉宿が多数あり!さすが大分県!
五ヶ瀬ハイランドスキー場 宮崎県  

 

ファミリーゲレンデ

 

 

日本最南端のスキー場!ファミリーゲレンデではソリもOK!なんと2歳から4歳の無料託児所あり! 周辺に温泉、民宿、旅館多数あり!

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

1歳を過ぎて歩けるようになったら、待ちに待ったゲレンデデビュー!
 
たくさんの雪を触らせてあげましょう!
 
寒すぎないように、気をつけて、防寒対策はしっかりしてあげてくださいね(^ ^)

手袋やシューズはすべて、雪用のものも準備してあげましょう。

荷物が多くなるけれど、グッズが足りなくてゲレンデで何も出来なかったらもったいない>_<

多少多くても、頑張って持って行きましょう!
 

宿が隣接しているゲレンデを選べば、子供のペースに合わせてゆったり遊ばせることがきでます!

子供はもちろん、パパ、ママの疲れも半減して一石二鳥♪

 

子連れのおでかけは、事前準備が肝心!

準備万端で、初めてのスキー場、楽しめるといいですね!( ´ ▽ ` )ノ

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ