赤ちゃんの任意の予防接種は受ける?受けないと病気になりやすい?

任意接種か・・・

どうしよう!

予防接種って任意のものも、みんな受けてるの?

お金もそこそこかかる・・・
やっぱり受けないと、病気にかかりやすいものなのかな?

つい先日、後輩ママから相談されました。

 

SPONSORED LINK

 

生後2ヶ月目から予防接種が始まって、
種類の多さとスケジュールのややこしさに
ママはもう頭がパニック!!

任意の予防接種ってみんな受けているの?

任意の予防接種はお金もかかるので悩ましいところ。

でも、任意の予防接種を受けないと病気になりやすいのか、気にはなるし・・・

予防接種の種類と任意の予防接種を全て受けるべきなのかについてまとめました。

定期接種と任意接種とは?

1

Original update by :TatsuoYamashita

まず、予防接種の種類について、おさらいしておきましょう。

予防接種には、定期接種と任意接種があります。

定期接種

ほとんどの場合、自己負担無しで(無料で)受ける事が出来る予防接種で、
接種を法律で義務づけられています。

任意接種

親の判断によって接種を希望すれば、自己負担で受ける事が出来ます。

 
 
・・・と、ここまでは、みなさんがよく知っている知識ですね。

更に、掘り下げてみましょう。
 
 
 
実は、予防接種には、「補償制度」があります。

予防接種を安心して受けてもらう為に、
予防接種での副反応による健康被害に対して補償する制度です。

「予防接種によるものではない」と断言できないものは、
すべて補償してくれます。

残念にも、死亡してしまった場合の補償金額は4280万円です。

これは、任意接種の6倍にあたります。

定期接種は、個人的に病気にならないようにするためだけなく、
病気の蔓延を防ぐためのものなのです。

病気を大流行させないためにも、
無料で受けてもらって、手厚く補償をしましょう、というわけです。

任意接種のものも、感染はするので、ちょっとおかしな話なんですけどね(;・∀・)
 
 
 
そして、実は、つい最近、
任意接種から定期接種になったのが
水痘(水ぼうそう)!!

うちの息子は、水痘がギリギリ定期接種で受けられてラッキー!

こんなに有名で私たち親世代はかかった経験がある水ぼうそうが、
昔は予防接種も無く、最近までは任意接種で受けるかを親が判断する事になっていました。

では、任意接種には、どんあものがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

任意の予防接種はコレ!

 
≪予防接種の一覧≫

定期接種 ヒブ、小児肺炎球菌、4種混合(3種混合+ポリオ)、BCG、麻しん・風疹
水痘、日本脳炎
任意接種 ロタウイルス、B型肝炎、おたふくかぜ、インフルエンザ、A型肝炎

※小さなうちに受けるもののみを掲載しています。
 
 
 
≪病気の症状≫

ロタウイルス 別名を「嘔吐下痢症」とも言われ、その名の通り激しい嘔吐と下痢を繰り返す。
便が白色なのが特徴です。
かかる頻度が高く乳幼児が冬に起こす急性下痢の8割を占める。
脱水症状につながる可能性が高く入院を伴う事も多い。
B型肝炎 血液、体液を介して感染し起きる肝臓の病気。
体に入ると肝炎を起こし、ウイルスが長く肝臓にすみつき肝硬変肝臓がんになる可能性もある。
一過性にして感染するものと生涯にわたり感染が継続するものとに大別されます。
おたふくかぜ 耳の下が腫れて痛みを伴い、発熱する。
幼児から小学校低学年に流行しやすい。
感染経路は、飛沫感染や接触感染です。
子供の看病などで大人が感染すると特に男性の場合、精巣炎や睾丸炎と言った生殖器に障害を受ける可能性があり注意が必要。
1度かかると再発は考えにくいので、予防接種によるおたふくかぜの予防力は大きいと考えられる。
インフルエンザ 普通の風邪よりも急激に発症し症状が重い事が特徴。
気管支炎や肺炎を併発しやすく脳炎や心不全になる場合もある。
A型肝炎 このウイルスは便から排出されウイルスに汚染された食べ物を食べる事で感染します。
約1ヶ月の潜伏期間後に発熱倦怠感黄疸が現れ発症します。
重傷化すると、完治まで半年かかる細胆管炎性肝炎になったり、劇症肝炎になり死亡するケースもある。

 
 
 
では、なぜ任意接種になっているのか?

ロタウイルスを例にあげて、分かりやすくご紹介します。

ロタウイルスは、胃腸炎を起こすウイルスで嘔吐や下痢などを繰り返し
赤ちゃんはすぐ脱水症状になってしまう怖いウイルスです。

さらに重症化しやすい病気のひとつで乳幼児が多くかかるウイルスです。
 
 
任意の予防接種を受けている子は、
重症化する事を防ぐ事やロタウイルスにかかる事を防止する事が出来ます。
 
 
一方で、任意接種をしなかった子は、
もちろん任意接種した子よりかかりやすく、重症化しやすいと言えます。
 
 
 
ですが、まだ定期接種になっていないリスクも…

ロタウイルスは、生後2ヶ月で一度目を接種する生ワクチンなのですが、
定期接種で決まっている予防接種を合わせると、同時接種を選ばなくてはなりません。

同時接種をしない場合は、
約5ヶ月間毎週予防接種をすると言う事になってしまいます(><)
 
 
この同時接種は、まだ強制ではなく親の判断なのです。
 
「ロタウイルスを定期接種にする」=「同時接種を選ぶ事を強制するようになってしまう」
という壁があります。
 
 
それに加え・・・
生後2ヶ月だと生まれつきの事で検査でもしない限り分からない
腸重積のある子や、それを起こしそうな先天異常がある子は接種できないリスクもあります。
 
 
 
同時接種で副反応を起こしたら!?
 
腸重積だと気付かずに接種したら?

 
 
そのリスクもある事を知った上で接種を親の判断に委ねるというのが任意接種です。
 
 
 
でも、やっぱり、病気にかかって重症化するのは怖いし、全部受けるべきなのかな・・・
 
 
 

任意の予防接種は全部受けるべき?

2

Original update by :BensonMeng

任意の接種を全て受けるべきか!!
 
 
答えは
ママとパパの判断による です。
 
 
 
しかし 任意接種を受けるかどうかを決める判断ポイントはあります

    1. 病気の流行はいつか?
    2. 赤ちゃんの月齢は?
    3. まず、その病気が流行するときに、赤ちゃんは何ヵ月なのかを計算しましょう。

      そして、その月齢だと、病気が重症化してしまう恐れがあるかどうかで検討しましょう。
       
       

    4. 赤ちゃんの環境から考える
    5. これは大切なポイントです。

      例えば、保育園に行く場合は、
      ロタウイルスなどをもらってくる恐れがあります。

      病院で相談すると、集団生活をするのであれば
      先に受けた方が良いとアドバイスをもらいました。

      支援センターなどに遊びに行くことがあったので、私は受けさせました。
      (高かったです・・・涙)

      また、近くで子育てを一緒にしてくれる人に肝炎の人がいたりする場合は、
      肝炎の予防接種を受けた方が良いと、お医者さんに勧められます。

      友人は、老人福祉施設で働いているので、
      肝炎の予防接種は受けさせていました。

      逆に、我が家は受けませんでした。
       
       

    6. 同時接種に対する心配はないか?
    7. 任意接種を受けるとなると、スケジュールの関係で同時接種は必須になってきます。

      同時接種について、ママとかかりつけの病院のお医者さんとで話し合いましょう。

      そのうえで、ママも納得できれば、任意接種も良いでしょう。

      任意接種については、私も悩みました。

      ママ友にも聞きましたが、これもまたみんなバラバラな意見で
      やっぱり親であるわたしがこの子の接種を決めないといけない!
      と何度も旦那と話しあって 予防接種スケジュールを決めました(^^)

    リスクとメリットの見極めですよね(>△<;)
     
     
     
    そして、最後に一番気になるのは、
     
     
    受けなかったら病気にかかりやすいの?
     
    と言う不安…
     
     
    病気にかかりやすくなるのか!?についても調べました。
     
     
     

    任意の予防接種を受けないと病気になりやすい?

    任意接種を受けないと、やっぱり病気になりやすいのだろうか・・・?

    もし、そんな事があるのなら高額な任意接種も受けます!!

    ということで、 まず任意接種のメリットとデメリットをおさえましょう。

    メリット

    • 感染しにくい
    • 感染しても症状が軽い

     
     
     
    デメリット

    • 何回も注射をうけなければならない
    • 費用が自己負担

     
     
     

    つまり

    • 任意接種を受けていないと病気になるわけではない。
    • 任意接種を受けている子の方が、かかりやすい!とは断言できない。
    • 受けていれば、感染するリスクは回避されるし、感染しても症状が軽い。
    • 任意接種を受けても、感染することはある。

     
     
    ということですね。

    病気によっては、重症化すると入院する必要があるものもあります。

    しかし、接種しなくても感染しない子もいます。

    私は任意接種は保険のようなものだと思っています。

    こればっかりは、かかってみないと分からない!って事ですよね…(>o<;)
     
     
     

    まとめ

    いかがでしたか?

    任意接種も定期接種のものと同じように重症化し、赤ちゃんを危険にさらす事があります。

    また、接種をしている赤ちゃんに比べて感染する確率が高かったりと、
    赤ちゃんには予防してあげたい大切な予防接種です。

    しかし、任意接種は義務では無いため費用がかかります。

    また、接種しなかったからといって感染するわけではないので、
    親の判断によって接種を決められます。

    その判断のポイントは
    赤ちゃんの月齢と、その病気の流行時期です。

    リスクとメリットを比較し、集団生活を送るかなどの、
    あなたの赤ちゃんの環境から「この予防接種は、必要だ!」と思ったものを
    任意接種して下さいね。

    スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ