卒乳後に乳腺炎になる原因と対策は?再発なんてするの?

子どもの卒乳も無事にすんだっていうのに・・
おっぱいが張ってすごく痛い!

 

がちがちで腕も上がらないし、
熱も出てきたかも・・

 

これって、もしかして乳腺炎!?
∑(゚□゚;)ガーン(。□。;)ガーン(;゚□゚)ガーン!!

 

 

SPONSORED LINK

 

産後は特におっぱいのトラブルとも無縁だったのに、
卒乳後になってから乳腺炎にかかってしまうというママさん・・

実は意外といるんです!

 

今回は、そんな卒乳後の乳腺炎の原因や
対策について注目してみました~

 

乳腺炎になるのはどうして?

そもそも、乳腺炎とはどういう状況でどうしてなるのでしょうか?

 

乳腺炎とは、文字通り「乳腺」が炎症を起こしてしまう症状です。

炎症の程度は様々で、熱を持って腫れる程度から
膿がたまってしまう状況などもあるほどです。

 

出産後、女性の身体は母乳を作る準備に入ります。

 

そして、赤ちゃんに授乳することでどんどん生産していきます。

 

ところが、授乳が十分でなかったり授乳間隔があいたりすると、
おっぱいはどんどん生産していくものの、
排出されない状態になるため乳腺が詰まっていきます。

 

その状態が続くと、乳腺が炎症を起こし、
痛みや腫れを引き起こしてしまいます。

これが乳腺炎なのです。

 

他にも、傷口などから雑菌が入ってしまったことが
原因で起こる場合もありますが、
卒乳時はやはり乳腺のつまりが主な原因になると思います。

 

卒乳後は、作られたおっぱいを外に出すことが極端に少なくなります。
というか、自分で絞らなければ排乳することはできません。

 

それまで、一定量飲んでくれていたのが急に飲まれなくなると、
おっぱいは作られるばかりになってしまいます。

 

当然、そのままどんどんおっぱいの中に母乳がたまっていく・・
ということになってしまうんですよね

(・Θ・;)アセアセ…

Tambako The Jaguar
Orignal update by:Tambako The Jaguar

 

卒乳後すぐに乳腺炎になるの?

やはり気になるのは、卒乳をするとすぐに乳腺炎になるのか?
という点ですよね?

 

卒乳をしたらすぐに母乳が作られるのが
止まるというわけではありませんので、
おっぱいは張りやすい状態にあります。

 

その状態で、卒乳後にまったくケアをしないでいると
かなりの確率で2~3日の間にはおっぱいが
ズキズキするほど張り、ガチガチになってきます。

 

そしてさらにそれをほおっておくと、
乳管炎乳腺炎になる可能性はぐっと高まるのです。

 

これは体質やそれまでの授乳間隔にもよりますし、
油っぽい食事乳製品の摂りすぎ甘いものの食べ過ぎなどでも、
おっぱいはドロドロしやすくなるため、
乳腺が詰まりやすくなるとも言われています。

 

ですので、卒乳して3日後から1週間というのは、
この点に十分気を付けて乳腺や乳管を詰まらせないようにして
過ごすことが大事になりますね!

 

 

しかし、卒乳後数ヶ月や1年など長い期間が経過してからでも、
乳腺炎になることもあるので注意が必要です。

 

これは、卒乳後に絞りきらずに残っていた母乳が
原因となって発症するケースです。

 

このように、すぐに乳腺炎になるひともいるし、
すぐにはならなくとも後々なる場合もあるということです。

 

中には卒乳させようと思って、授乳回数を減らしたことにより、
発症する場合もあるので、やはり何らかの対策やケアは必要になりますね。

 

スポンサードリンク

 

乳腺炎は再発することはあるの?

卒乳後に乳腺炎になってしまったら、
まずは詰まった母乳を出さなくてはいけません。

 

しばらく飲まれなかった母乳は、どろっとしている事があるので、
なかなか搾乳をしてもうまく出せず、痛みだけがあることもあります。

 

なんか、聞いただけでも痛そうですね(@_@;)

 

乳腺炎の対処法としては、
赤ちゃんに飲んでもらってつまりを取ってもらうのが
一番だといわれていますが、
卒乳をしてしまうと再び飲ませるというわけにはいきませんよね?

 

でもちゃんと対処せずに自己流で軽度の炎症を治療したとしても、
その後また詰まらせるようなことがあると、再発してしまう場合があるのです。

 

できればしっかりとした母乳外来
おっぱいマッサージができる施設などを利用して、
ちゃんと搾乳をして出すものは出しておいたほうが安心ですね!

 

乳腺炎にならないための対策はあるの?

こんな痛い思いはもうしたくない!

きっと経験したママはそう思うことでしょう。

では乳腺炎にならないための予防策ってあるのでしょうか?

 

それは、ズバリ!

乳腺を詰まらせないということです。

 

卒乳や断乳を考えているのなら、
急におっぱいを断つのではなく、
徐々に授乳回数を減らしたり、
授乳間隔を上げるなどして、少しずつ様子を見ながらにしましょう。

 

必要とする母乳量が減ってくれば、生産量も減ってくるので、
その分スムーズに卒乳や断乳ができるはずなのです。

 

そして面倒でも、ちゃんと搾乳をして、
最終的にはおっぱいの中に母乳を残さないで出し切ることが大切ですね。

 

Jessica Pankratz
Orignal update by:Jessica Pankratz

 

まとめ

いかがでしたか?

女性の身体は神秘的です(*´ω`)

 

赤ちゃんを育てるのに必要な母乳を、ちゃんと生産できるわけですから。

そしてその時必要な適量の母乳を作ることができるのが素晴らしいところ。

 

本来、乳腺炎など起こらないようにメカニズムされているのでしょうが、
なかなかうまくいかないのも人間ならでは。

 

自分の身体をしっかりコントロールして、
余計な心配をしなくていいように
気を付ける必要があります。

 

こう考えると、女性って大変ですよね~(~_~;)

 

お子さんにとっても、ママにとっても
負担のない卒乳ができるといいですね!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ