産後おっぱいが張って痛い!この痛みはいつまで?

数ヶ月間にわたるつわりとの戦いとも、
出産と共にさようなら!・・と思ったのも束の間

 

産後、おっぱいが痛い~o(>< )o o( ><)o

 

SPONSORED LINK

 

どうしたらいいのかワカラナイ!
とにかくおっぱいが張って痛いんです!

 

こうなっちゃうと、幸せなはずの授乳タイムも、
辛いばっかりですよね・・・ほんと泣きたくなるほどです(´A`。)

そんなお母さん達の為に、その原因と対策について調べてみました。

 

 産後におっぱいが痛いのはどうして?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Original update by Daniel Peinado

 

いったい、なんでこんなにおっぱいが痛くなるのでしょう?
辛くて辛くてしょうがないですよね…

 

出産後におっぱいが張ってしまう理由はこうです。
産後はどんどん母乳が作られますが、これは赤ちゃんが吸う事で促進されます。

 

しかし、赤ちゃんには初めての事なので上手に吸う事が出来ず
すぐに疲れて寝てしまったりするんです。

 

お母さんの方も初めてだと、
抱き方や飲ませ方がぎこちなくなるかもしれませんね。

 

そうするとお互いに満足のいく授乳が出来ないので、
おっぱいの中が空っぽにならず、
どんどん増え続けてしまうのですヽ(゚Д゚;)ノ!!

 

そして、この悪循環があの痛みとなってしまうというわけなんです

 

なるほど…
これは赤ちゃんが低月齢の時ほど多くみられますね。

 

さて、この「おっぱいが痛い」が少しでもラクになるように、
その対策を次にあげてみましたよ。

 

産後におっぱいが張って痛い!対策はあるの?

 

おっぱいが張って痛いという時は熱を持っていることが多いので、
ひとまず冷やして下さい。

 

母乳が出ている人が痛い時には、温めてしまうと逆効果になります。
保冷剤をくるんだものや、冷たいタオルなどで冷やして下さいね。

 

あっ!冷やし過ぎはダメですよ!
ゆっくり、優しく冷やすようにして下さい。

 

母乳が満タンになって痛いのだから、たくさん飲んで解消欲しいところですよね?
でも、実はおっぱいがカチカチに硬くなっている状態だと、
赤ちゃんも吸いつきにくく、上手く飲む事が出来ないんです。

 

こうなってしまったら、痛みをこらえて
おっぱいマッサージをする必要があります。

 

あまり強い刺激を与えてはいけないので、
指導して下さる助産婦さんがいると頼りになります。
いろいろ相談してみると良いですよ。

 

この流れで搾乳もしましょう。
飲みきれずに余ってしまっているので、出さなくてはいけません。
でも、全部絞りきらずに、スッキリした感じがあったらそこまでにして下さいね。

 

これらの処置も、慣れないうちは大変かもしれませんが頑張りましょう。
何とか痛みは和らいできたけれど、いつまで続くのかな?
気になりますよね、調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

産後のおっぱいの張りの痛みはいつまで続くの?

おっぱいの張りは、いつまでもずっと続くという事はありません。
赤ちゃんが上手に飲めるようになり、大きくなるにつれその量も増えれば、
お母さんの負担も減ってきます。
大丈夫!

 

お互いに慣れてくれば、気持ちにも余裕も出てきます。
個人差がありますが、多くの人が産後1ヶ月ほどで、この苦痛から解放されるようです。

 

万全な対策をしていれば悪化させる事もなく過ごせると思いますので、
可愛い赤ちゃんの為に、もうひと踏ん張りです!

 

あれ、そもそも授乳はできるの?こんなに痛いのに…?
はい、こちらも調べてみました。

 

おっぱいが張って痛い時は授乳はできるの?

iandeth
Original update by iandeth

赤ちゃんに与えられるのは母乳だけ!
これがないと大きくなれない!

 

でも、痛いo(>< )o o( ><)o
どうすればいいの?

 

そうです!痛くても授乳を止める事はできません!

 

ミルクで対応できるのでしたらそれも一つの手ですが、
この痛みを乗り越えて授乳できる技も身につけておきましょう!

 

私の経験をお話しさせて頂きますと…

 

授乳の前に、まずカチカチに硬くなったおっぱいを柔らかくする事から始めます。
これは、赤ちゃんがおっぱいを飲みやすくするためです。

 

ピューっと母乳が出てくるので、タオルなどを用意して下さい。

 

乳輪付近は優しくつまむようにしながら(結構痛い (ToT))柔らかくして下さい。
ここが固いと赤ちゃんが吸いつきにくいので。

 

おっぱい全体も、ゆっくりほぐすようにしていくと段々柔らかくなります。

 

あともう少しなのに赤ちゃんが待てなくなっていたら、
とりあえずくわえさせ、吸いついたままグニグニしていた事もありました。
なんとかなるものです(・・。)ゞ

 

硬くなって、赤みを帯びて、熱っぽさを感じる事さえあったけれど、
たくさん飲んで欲しかったので頑張りました。
せっかくの母乳ですもの、もったいない!

 

とは言え、この痛みを軽減するために何か工夫できる事はないのでしょうか?

 

例えば…下着はどうなのでしょうか?

 

おっぱいの張の痛みがある時は下着はしない方がいい?

こちらも、私の経験からなのですが・・・

妊娠中はつわりがひどく、身体の締め付けが気になって
下着を付けない日が多かったのですが、
産後はおっぱいに母乳が残ったまま過ごしていると、
じわっと出てきちゃう事があるのです。

 

服が汚れるのは嫌だし、濡れたままでは気持ち悪いので、
母乳パッドは必須です!

 

なので、下着も必要になってきます。
でも、下着がこすれただけでも痛い時がありますよね( ノД`)

 

そんな時は使い捨ての母乳パッドよりも
布製の方が痛みが和らぐのでおすすめです。

 

試してみてくださいね。

 

まとめ

おっぱいの張りには関係のない話ですが…

上下の前歯が生えた息子の授乳中、
おっぱいをくわえたまま急に顔の向きを変えたものだから

 

食いちぎられるような痛みが~!しかも離さない(TεT;)
でも、ちょいと鼻をつまんだら「ぷは。」と、離してくれました。

 

こんな痛いエピソードも、今は笑い話になっています。
おっぱいが張って痛いのは、本当に辛いです。

 

そのせいで赤ちゃんが満足できないのも辛いです。

 

出産がゴールではないのでいろいろと大変な事もあるけれど、
お母さん、頑張って乗りきって下さいね(`・ω・´)ノ オーッ!!

 

スポンサードリンク

One Response to “産後おっぱいが張って痛い!この痛みはいつまで?”

  1. 長山美智代 より:

    訳あって途中で母乳をとめたんですが止めた瞬間凄く張ってきて今では激痛はしってます。
    そのまま放置してても大丈夫でしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ