赤ちゃんが立つ時期はいつ頃?練習は必要?

寒くて長い冬がようやく終わると、
暖かく気持ちの良い季節の到来です。

 


お天気が良いと、外に出たくなりますよね。

 

SPONSORED LINK

 

冬の間どうしても厚着になっていた赤ちゃんも、
動きやすい薄手の服に着替えてみましょう。

 

ますます活発に動けるようになりますよ。

 

動きやすくなると、身体の成長
実感できることでしょう。

 

腰が座った赤ちゃんは、そろそろタッチの頃
かななんて、期待できますね。

 

赤ちゃんが立つ時期はいつ頃?

 
image1[2]Orignal update by:Carol VanHook

 

赤ちゃんの成長は、上から順々に発達していきます。

 

生まれて、首が座り、腰が座る。
そうすると、いよいよ自分の足で立つようになってきます。

 

早いと6か月くらいで立ち上がる子もいますが、
その時期には個人差があります。

 

個人差があると言っても、成長の順番は変わらず、
上から下へ、なので腰の座っていない赤ちゃんが、
先に立ち上がることはありません(よ~;^ω^)

 

まずは、しっかりお座りができてハイハイで
しっかり足を蹴ることができるようになってから。

 

まだ足がしっかりしていない子を、
無理やり立たせようとしても
できませんので、焦らず成長を待ちましょう(^^ゞ

 

スポンサードリンク

 

赤ちゃんが立つ為の練習は必要?

 
赤ちゃんにとっては、毎日が練習です。

 

少しずつできることが増えていく。
それが赤ちゃんの成長記録です。

 

まだ立ち上がる準備が整っていないのに、
無理に立たせようとするのは
足に負担がかかるのでやめましょう。

 

赤ちゃんの様子を見ていると、お座りの姿勢から、
なんとなく掴まって立ち上がろうとする
様子が見られるようになってくるものです。

 

赤ちゃん自身が立ち上がろうとする気持ちがなければ、
練習なんて何の意味もありません

 

ママはその時が来るのを見守るしかないのです。

 

もし、赤ちゃんがつかまり立ちをしようとしていたら、
ママは周りに危険なものがないか
確認してあげましょう。

 

当然、すぐには経つことはできませんから、
何度も尻餅をつくでしょう。

 

そうやって赤ちゃん自身で練習していくのです。
親ができるのは、危険を回避することのみ!

 

image2[1]Orignal update by:Selbe <3

 

赤ちゃんが立つ早い遅いにメリットデメリットはあるの?

 
赤ちゃんの成長が早いとママもうれしく
感じるかもしれません。

 

逆に、成長が遅いと心配したり焦ってしまう
ママもいるかもしれませんね。

 

特に、育児書に書かれているよりも遅かったりすると、
「うちの子、おかしいのかしら?」
思ってしまうかもしれません。

 

私も第一子を育てるときには、慎重に大事に
育てすぎたかもしれないと思います(^-^;

 

自分で立とうとするわが子に、「がんばって!」と
声をかけたり、腰を支えてあげたり、私にできることを
してあげたくて仕方ありませんでした。

 

ところが、第二子の時には「いつの間にか立っていた
という感じでした。

 

それが早かったのか、遅かったのかさえ覚えていませんが
いつの間にかしっかり立ちあがっていました。

 

タッチができるようになると、親の注意が必要
なるので、あまり成長が早いのも大変かもしれませんよ

 

拘りすぎるのは良くない事?

 
人と比べてしまうと、後に生まれた○○ちゃんはもうタッチできるのに
なんでうちの子はできないの?
と焦ってしまうもの。

 

赤ちゃんの長い人生からしてみたら、
数日、数週間の差に何の意味がありますか

 

人と比べてしまうのはママの悪い癖

 

女性の本能は「比較」だと聞いたことありませんか?
どうしても女性は誰かと比べて、判断してしまうようです。

 

この習性は子供にとっては厄介で、
常に誰かと比較されるのは辛いもの。

 

自分の成長をありのままに評価して
ほしいと思うことでしょう。

 

母親の育児に関する拘りは、時に子供を
苦しめるということを今からしっかり覚えておきましょうね。

 

まとめ

 
いかがでしたか?

 

赤ちゃんが成長するにつれて、もっとこうなってほしい、
もっと早くこうなってほしい・・・
が出てきてしまいますよね。

 

子供に対する期待は親なら当然ですし、
期待されることが喜びにもなると思います。

 

ただし、この時期には○○できてるはず、
などと決めつけるようなことはせず、
日々成長しているわが子の姿を受け入れて、
喜びましょう。

 

だって、少し前までお腹の中でママが
いなくては生きていけない存在だったのに、
今はしっかり自分の足で立とうとしているのですから・・・!(^^)!
 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ