外出時の授乳の姿勢はどうする?疲れないコツはある?

 

授乳って肩が凝る!!!

 

(;´Д`)´д`);´Д`)´д`)ウンウン・・・

 

何人のママが頷いてくれたでしょうか。
あなたも、つい頷いてしまいましたか?

 

ても、ついついオッパイやミルクを飲んでいる赤ちゃんって、
かわいすぎて覗きこんじゃうんですよね~?
そして、また首と肩がバキバキになるという悪循環…
∃ヨヨョョ。+゚(ノД`)゚+。ョョヨヨ∃

 

SPONSORED LINK

 

試行錯誤の末、自宅では授乳クッションやタオルなどを駆使したり・・・
はたまた授乳しやすい椅子やポジションを使ってみたり・・・
でも、外出先ではそうもいきませんよね

 

授乳室の椅子がソファだとまだ良いのですが、
なぜか一人用のガッツリ肘掛けのある椅子とか…

 

ヮ(゚д゚)ォ!

 

あれ、なんでなの?(笑

 

狭いし、赤ちゃんの頭がコツン!なんてことも…| 柱 |ヽ(-公-;) 反省

 

なんとか少しでも楽な授乳スタイルはないものか…(-ω-;)ウーン

 

外出時で授乳の姿勢は?

 

はてさて、授乳クッションのない外出先ではどうしましょう?
ママ友からも情報収集した結果、以下の方法が有効的かと思います!

 

タオル・バスタオルを授乳クッション代わりにする
バスタオルを畳んでママの太ももの上に置きます。
荷物が増えて大変な場合はタオルを畳んで
赤ちゃんの頭とママの腕の間に挟むだけでも楽になります。

 

足を組む
授乳する側の足を組んで、その上にママの腕を置きます。
そして、その腕へ赤ちゃんの頭を乗せましょう。
月齢が進めば進むほど、楽なスタイルです。

 

かばんを使う
最初の頃って、マザーズバックにはタオル・オムツ・着替えな
ど柔らかいものが、けっこう入っていませんか?
私のカバンはいつもパフパフのパンパンでした (´-ω-`)
その面を上にして、カバンの上にタオルを敷きます。
それを授乳クッション代わりに使っちゃいましょう♪

 

肘掛けにママの腕を置く
姿勢だけでなく、ママの腕もだるくなってきますよね…。
そんな時は、椅子の肘掛けにママの腕を置いちゃいましょう。
腕と肘掛けの間にはタオルを挟むと居たくないですよ。
赤ちゃんの頭をゴチンしないようにだけ気を付けましょう。

 

上記の方法を使ったらバッチリ!
かと言うとそうでもなく・・・Σ(´Д` )
疲れちゃうんですね。

 

そこで!

 

疲れない為のコツはないのか調べてみました!!

 

授乳で疲れないコツはあるの?

スポンサードリンク

私が出産した病院は、産後は母子同室で授乳は決まった時間に
みんなで授乳室に集まるスタイルでした。

周りのほとんどは経産婦さんの中、初産婦の私は、
史上最大に授乳が下手くそでした。

 

私がどん臭い上に、息子はおちょぼ口。

おかげで、助産師さんが付きっきりで指導してくれました♪

 

そこで!
その時受けたレクチャーをそのまんまお伝えしたいと思います!!

 

○助産師直伝の授乳の正しい姿勢

・赤ちゃんの顔がオッパイに向かって真っすぐになること

・赤ちゃんの耳・肩・腰が一直線になること
(赤ちゃんとママがピッタリくっつく感じで? )

・ママは猫背にならないように、ちょっと胸を張るくらいのつもりで!

 

ママが猫背になっている姿勢って疲れるだけでなく、
「育児に疲れています…」といわんばかりの、くら~い感じに
見えるんですよね…( ;´-д-)フゥ-3

 

この3点がかなり重要です!
鏡を見ながら練習してみて下さい♪

 

赤ちゃんがどうしても飲んでくれない!原因と対策は?

 

「外だとなかなか落ち着いて飲んでくれない!」
「すぐに飲むのを辞めるのに、またすぐに飲みたがる…。」

 

そんな声がどこからともなく聞こえてきましたね~。

はい、私です。

息子はいわゆるキョロちゃん(笑
(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)

 

歩くようになってからは、自分で「おわり!」と言って
カーテンを開けて出て行ってしまうのを
追いかけるのが大変です!-=≡ヘ(* – -)ノ

 

image001

 

その飲んでくれない原因は…

 

赤ちゃんの個性と成長
こればっかりは、どうもできません…
そして、周りが気になるのは、赤ちゃんが成長している証拠?
五感が育っているんですね~♪

 

自宅では静かな環境で授乳している
第一子だと、必然的にそうなりますよね。
でも、これはとっても良いこと!
静かで、ゆったりとした空間で、落ち着いて授乳をしてママの愛情を確認する。
赤ちゃんにとってもママにとっても幸せな時間?
決して、おでかけの為といって、騒がしいところで
授乳する練習をしないでくださいね。

 

姿勢が気に入らない
外出先だと、授乳クッションがなくてママも大変ですが、赤ちゃんも苦労していることがあります。
安定感がなくて、咥えにくいことがあります。
さきほどの方法を試してみてくださいね。

 

image003
Original update by: AlBargan

 

さて、どんな【対策】をしましょうか。

 

普段から授乳ケープを使う
周りが色々と気になっちゃうキョロちゃん。
では、授乳ケープでオッパイに集中してもらいましょう。

 

外出の時だけ使うとなると、授乳ケープが気になってしまうことがあるので、
普段からちょこちょこ使うようにしておきましょう。
月齢の進んだ赤ちゃんには、「この中でオッパイを飲むのよ~♪」
と毎回、説明してあげましょう。
5ヶ月にもなると、こちらの言うことは理解してくれていますよ!

 

ウトウトしかけたら飲ませる
起きている間にキョロキョロしてしまうようだったら、
眠たそうなタイミングを狙って飲ませてみましょう。

 

立って抱っこでユラユラしながら授乳する
もうこれは最終手段ですね…
個室タイプの授乳スペースでないと、ちょっと恥ずかしい…

 

コマメに飲ませる
もうこれしかありませんよね…。
飲んでくれないのはしょうがない!
ママが気を使って、ちょこちょこ飲ませるしかないのです(゚Д゚ )ムハァ

 

マグで水分補給
月齢が進んでいる場合、脱水が心配な時はマグで水やお茶を飲ませてあげましょう。
お水やお茶を飲んでくれるならおっぱいも飲んでよ!
って思うのですが、それは我慢我慢です。

 

そして、帰宅してからグビグビ飲んでもらって1日の授乳量を調整できればOKです!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

かばんを置いてみたら、あらビックリ!
意外といけて自分でも驚きました。(笑)

 

授乳タイムは。母乳育児ママにもミルク育児ママにも、
幸せな時間であって欲しい?

 

もちろん、私自身にも。
これだけは、ママの特権♪
授乳室に入ったら、赤ちゃんの授乳をするだけなく、
ママ自身も休んでください
椅子に座り、授乳が終わったら赤ちゃんと少しお話しながら、
ママも飲み物を飲んで…

 

少しでも楽な姿勢で、赤ちゃんとの触れあう時間を過ごしてくださいね。

 



誘導1

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ