妊娠中の薬の影響は?風邪はどうする?

 

風邪ひいちゃった・・・すごくつらい・・・

お薬飲みたいなぁ。でも、赤ちゃんに悪いよね?

 

SPONSORED LINK

 

妊娠中は免疫力が低下するので、
体調を崩すのは仕方のないこと
妊娠中に薬はあまり飲まない方が良いと言いますが、
本当につらいまま放っておくと
それこそお母さんにも赤ちゃんにも悪いですよ?

 

 

では、体調をくずしたらどうすれば良いのか
しっかりまとめてみました!

 

 

妊娠中の服薬は胎児に影響ある?

 

まず、日常生活で使用している薬はほとんど心配いりませんが、
お母さんが摂取したものは全て赤ちゃんに吸収されるので
なるべく避けたいところです(つд-。)

 

特に持病のある方は服用を止めるか代わりの薬に
切り替える必要があるため医師に相談する必要があります。

 

 

そして、薬による赤ちゃんへの影響は薬の種類だけではなく
服用した時期も原因のひとつなのです。

 

妊娠4週から赤ちゃんの身体がつくられ始めるのですが、
特に7週までの期間を最も薬の影響を受けやすい「絶対過敏期」と言われています。

 

この頃は妊娠に気づいていること自体少ないので、
妊娠していることが分かり次第薬の服用を見直す、
と思っていれば良いでしょう。

 

pregnant-437654_640
Original update by: mijoko

 

そうはいっても妊娠中は体調を崩しやすくなるものですし、
頑なに薬を飲まずにいては体調が悪化して、それこそ赤ちゃんに悪影響です(´_`。)

 

そこで、妊娠中でも比較的安全な薬のひとつである「漢方」
次はそのことについてお話しします。

 

 

葛根湯なら飲んでも大丈夫?

 

最近では、簡単に手に入れることができるようになった漢方。
流産防止から産後の悪露にまで様々な効果のある薬がたくさんあります。

 

中でも「葛根湯」は穏やかな効き目のある薬として知られ、
妊婦さんに処方されることも少なくはありません。

寒気、発熱、風邪、筋肉痛などの症状に効果があると言われています。

 

 

ですが、自己判断で漢方を服用するのは良くありません。

漢方薬の飲み方を知っていますか?
現在、漢方薬は大きく分けて3つの形状で処方されています。

 

・ 「顆粒」
・ 「錠剤」
・ 「煎じ薬」

 

顆粒や錠剤は漢方薬に限らず一般的な薬にも使われている形状なので、
飲みやすいという特徴がありますが効き目はどちらかというと
煎じ薬の方が良いと言われています。

 

 

しかし、香りも強く煎じる手間もあるので妊婦さんには
不向きなのではないかなと個人的に思います。

 

 

「漢方の匂い平気だからしっかり風邪治したい」
って方は医者に相談してみると良いのではないでしょうか。

 

飲むタイミングは、食間(食事と食事の間)が最も効果があると言われています。

そして肝心の飲み方なのですが、
薬の吸収が早くなる白湯がおススメですd(^^*)

 

だからって水では効果がないのかと言われるとそんなことはありません!
むしろ、そちらの方が効果的な場合もあるので処方される際の指示に
従ってくださいφ(.. )

 

スポンサードリンク

 

体調が悪いなぁと思ったらすぐ産婦人科に相談!
ただの風邪でも、妊婦さんは内科ではなく
産婦人科へ相談することが大事なのです!

 

 

妊娠中の風邪!何科に行く?

 

妊婦さんは自分ひとりではありません。
おなかにいる赤ちゃんのことも考えなくてはいけません!

 

妊娠中に風邪になったら、
内科ではなく産婦人科にいきましょう!

 

産婦人科の医師は赤ちゃんのことをよく分かっています(*´ー`)

 

皆が元気な赤ちゃんを産むことができるように、
安全な治療の方法を知っているので何か気になることがあったら
遠慮なく相談すると良いでしょう

 

赤ちゃんのことでいろんな疑問を持っているのは皆同じです!
モヤモヤしたままだと体に良くありませんよ?

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

妊娠中の薬の服用はできるだけ避ける!
でも、「薬は危ないから・・・すぐ治るだろうから・・・」
と放置しているのも良くありません。

 

内科ではなく、産婦人科にすぐ相談して治療をすることが大切です。

 

注意しなければならないのは、自己判断で薬を服用しないということ!
いくら安全な漢方薬でも、正しい飲み方をしないとなんの効果もありません。

 

以上のことを踏まえて、安全なマタニティライフを送りましょうo(●´ω`●)o



誘導1

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ